【歴史捏造】西郷隆盛の本当の名前は「西郷隆永」(たかなが)


西郷隆盛の本当の名前は「西郷隆永」(たかなが)。

GY12-2

明治政府樹立で功績のあった西郷隆盛。

実は「西郷隆永」(たかなが)であったのが本当だそうです。実際には「吉之助」(きちのすけ)という名前でも呼ばれており、そちらが知られていたのですが、「隆永」の方は知られていなかったそうです。

そこで、明治政府が西郷さんに褒美を与える際に、誰も下の名前を知らなかったので、連絡したところ連絡がとれずに、友人の吉井友實(よしいともざね)にたずねたところ、勘違いして「西郷隆盛だよ」と父親の名前をぼんやりと答えたことが発端で「西郷隆盛」となったようです。

まさに「歴史捏造」です(笑)

ただ、当の本人は「まぁいいか」ということで、その後「西郷隆盛」と名乗るようになったんだそうです。


最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!