ゴンドラパステル(京都)日本初のパステルが『猫のしっぽカエルの手』で紹介

日本で初めてパステルを作った京都のソフトパステル専門メーカー「王冠化学工業所」で生産されている「ゴンドラパステル」が2021年5月2日放送のNHK『猫のしっぽカエルの手』で紹介されるそうです。日本の風土に合わせた色を作っている専門メーカーで京都市東山区に工場があります。

日本で初めてパステルを作った工場がNHK『猫のしっぽカエルの手』で紹介


ゴンドラパステルのソフトパステル(京都市東山区)

ゴンドラパステルのソフトパステル(京都市東山区)

2021年5月2日放送のNHK『猫のしっぽカエルの手』で京都市東山区にある「日本で初めてパステルを作った工場」が紹介されます。

パステルというのがそもそも分からないと思いますが、絵を描くクレヨンに似たものです。

日本では唯一のソフトパステル専門メーカー「王冠化学工業所」で製造されているソフトな感触のパステル(ゴンドラパステル)で、いわゆるパステル画を描く時に使用される画材です。

90年以上の歴史があるメーカーさんで、京都市東山区にあります。

ゴンドラパステル(インスタグラム)

ゴンドラパステル(インスタグラム)

ゴンドラパステルは1919年創業、画家の矢崎千代二さんが「輸入品のパステルは日本の風景には合わない」と言ったひとことでソフトパステルの制作がはじまったそうです。

色は日本の風土に合わせたものになっていて、まさに日本の風景がを描くために生まれたもの。

ちなみに、ゴンドラの由来は矢崎千代二さんの作品「ベニスのゴンドラ」から名付けられたそうです。

工場は東山区の今熊野(いまくまの)にありますが、販売は画材ショップか楽天市場からお取り寄せ(通販)してください。

〒605-0953 京都府京都市東山区今熊野南日吉町148−6(地図
公式:http://www.gondola-pastel.com/

ゴンドラパステルは楽天市場から通販できます

この王冠化学で製造されている「ゴンドラパステル」は楽天市場から通販できます。

36色で値段は3300円(送料無料)、48色で4096円で、色数が多くなれば当然値段も上がっていきます。

100色・150色セットもありますが安価なものではないので、基本色を揃えてから必要な色を単品で買っていく方が多いようです。

一番安価なのは京都の色をイメージした「京色パステル 18色セット」で値段は2820円(送料無料)となっていました。

このお店の口コミは?

猫のしっぽカエルの手 2021年5月2日 予告


猫のしっぽカエルの手 2021年5月2日 予告は以下の通りです。

春の大原。散歩の途中で頂いた新鮮な卵で思い出の味、キッシュを作る。日本で初めてパステルを作った工場を見学。日本の風景を描くために生み出された独自の色合いに感動
豊かな自然に囲まれた京都・大原で手づくり暮らしを楽しむイギリス出身のベニシアさん。散歩の途中で頂いた新鮮な卵で、幼少期の思い出の一品、キッシュを作る。庭仲間と一緒に春の庭仕事。庭の草花にネームプレートを付ける。最近、庭に出てスケッチする時間を大切にしているベニシアさんは新しい画材を求め、日本で初めてパステルを作った工場へ。日本独特の風景を描くために生み出されたという、パステルの独自の色合いに感動


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!