なま炭酸せんべい(有馬温泉)賞味期限5秒の瞬間グルメ『教えてもらう前と後』で紹介

賞味期限が5秒という有馬温泉の瞬間グルメ「なま炭酸せんべい」が、2021年4月12日放送の『教えてもらう前と後』で紹介されるそうです。炭酸を生地に入れた焼せんべいでカリカリ食感が特徴の炭酸せんべいは実は焼き立ては柔らかいのです。でも柔らかいのは焼き立てから5秒の間だけなんです。

なま炭酸せんべい(有馬温泉・瞬間グルメ)が『教えてもらう前と後』で紹介


なま炭酸せんべい(有馬温泉・瞬間グルメ)が『教えてもらう前と後』で紹介

なま炭酸せんべい(有馬温泉・瞬間グルメ)が『教えてもらう前と後』で紹介

有馬温泉グルメの中でもとにかく賞味期限が短いなま炭酸せんべい」が、2021年4月12日放送の『教えてもらう前と後』で紹介されるそうです。

炭酸せんべいというのは有馬温泉の名物。

サクサクした食感が軽いおせんべいのことです。

これの焼き立てが「なま炭酸せんべい」というやつで、炭酸せんべいは焼き立てはフニャッとして柔らかいのですが、ものの数秒で固まってサクッとしたせんべいになるのです。

型焼きなので、型から取り出して5秒以内に食べないと柔らかさを実感できないから「賞味期限5秒」と言われています。

焼き職人さんから手渡されて、急いで食べて最初のひと口だけフニャとしているけど、ふたくち目にはサクッとしているくらいの賞味期限の短さです。

焼きたては熱いので、最初のひと口でなんとか「なま炭酸せんべい」の食感を味わえるとも言われています。

炭酸せんべいって「なんで炭酸」?


日本有数の温泉地「有馬温泉」

日本有数の温泉地「有馬温泉」

では、炭酸せんべいってなんでこんなネーミングなのでしょうか。

有馬温泉には金泉・銀泉という有名な源泉があるのですが、銀泉が炭酸を含んだ温泉なのです。

炭酸泉源公園(有馬温泉)

炭酸泉源公園(有馬温泉)

有馬温泉には「炭酸泉源公園」というのがタンサン坂のところにあって、そこから炭酸を含んだ温泉が湧きだしています。

昔はこの炭酸泉に砂糖を入れてサイダーにして飲んでいたそうです

昔はこの炭酸泉に砂糖を入れてサイダーにして飲んでいたそうです

昔から地元の人はこの炭酸水を使ってソーダを作ったりしていたのですが、せんべいの生地にも使うようになって「炭酸せんべい」が生まれました。

有馬温泉の炭酸源泉にある蛇口(飲めます)

有馬温泉の炭酸源泉にある蛇口(飲めます)

この炭酸泉は明治8年に内務省の調査で飲用、浴用ともに可能な良質な天然水として判明。

今でも炭酸泉源の横に飲用の蛇口があり、いつでも飲めるようになっているので観光で有馬温泉に来たら飲んでいくと良いでしょう。

なま炭酸せんべい はどこで買える?


有馬温泉の太閤通り入口付近に「湯の花堂本舗 太閤通店」があります

有馬温泉の太閤通り入口付近に「湯の花堂本舗 太閤通店」があります

有馬温泉で「なま炭酸せんべい」の実演販売が行われているのは「湯の花堂本舗 太閤通店」です。

有馬温泉街ではメインストリートとも言えるのが太閤通で、数多くのお土産店が並んでいます。

その通りの入口付近(有馬川側)に「湯の花堂本舗」というお店があって、そこの店頭で「なま炭酸せんべい」の実演販売をしています。

値段は3枚で100円と安いし、有馬温泉に来たら「これは食べていけ」と言われている有馬温泉グルメです。

営業時間は「9時~18時」で、定休日は「不定休」ですがたまに休んでいることがあります。

本店のお休み「火曜日・水曜日」は注意したほうが良いかと思います。

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1520−1(地図
営業時間:9時~18時
定休日:不定休

このお店の口コミは?

教えてもらう前と後 2021年4月12日 予告


教えてもらう前と後 2021年4月12日 予告は以下の通りです、

●出来上がるとスタッフがタイマーと一緒に走って持ってくる賞味期限40秒「焼き鳥」
●日本初のスフレ専門店が作る賞味期限30秒「スフレ」
●有馬温泉名物「炭酸せんべい」のレアな焼きたてを味わうことができる賞味期限5秒の「なま炭酸せんべい」って?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!