カフェおきもと(国分寺市)幻の洋風建築カフェ『ふるカフェ』で紹介

幻の洋風建築カフェ「カフェおきもと(国分寺市)」が2021年4月8日放送のNHK『ふるカフェ系 ハルさんの休日』で紹介されるそうです。予約必須の超人気カフェで昭和初期に建築された沖本邸を「カフェおきもと」としてリノベーションしたお店です。

カフェおきもと(国分寺市)幻の洋風建築カフェ『ふるカフェ』で紹介


カフェおきもと(公式サイト)

カフェおきもと(公式サイト)

幻の洋風建築カフェ「カフェおきもと(国分寺市)」が2021年4月8日放送のNHK『ふるカフェ系 ハルさんの休日』で紹介されるそうです。

昭和8年に建築された沖さんという老姉妹が住んでいた本邸を「カフェおきもと」としてリノベーションしたお店です。

オープンしたのは2020年10月4日、元は別荘として建築され沖本家の二人姉妹が長く暮らし続けてきたお宅。

木造二階建ての洋館で、沖さんと親交があった久保愛美(なるみ)さんが家を引き継いでカフェとして再生したお店です。

予告では「ガラスの回転窓ロシア風ポット暖炉山小屋風のドイツ破風の屋根」のある邸宅と書かれており、竹林に囲まれた洋館だそうです。

実は2020年11月14日放送の人気番組『人生の楽園』でも紹介されたことがあります。

そのため、超人気カフェになっていて予約必須のお店です。

カフェおきもと(インスタグラム)

カフェおきもと(インスタグラム)

ランチメニューは3種類「オムハヤシライス煮込みハンバーグ欧風カレーとキーマカレー」があり、値段は税別で1250円~1750円程度。

ドリンクかスイーツのセットが選べ、それで値段が少し変わります。

カフェおきもと(インスタグラム)

カフェおきもと(インスタグラム)

牛肉のオムハヤシライス(1250円~1550円)
煮込みハンバーグとDELI盛り合わせ(1450円~1750円)
欧風カレーとキーマカレーのメリメロプレート(1250円~1550円)

このお店への行き方は?


カフェおきもと(国分寺市)はJR国立駅から徒歩8分です

カフェおきもと(国分寺市)はJR国立駅から徒歩8分です

では「カフェおきもと」はどこにあるカフェなのでしょうか?

場所はJR「国立駅」南口から徒歩8分、線路沿いの道を駅から東へ徒歩8分という立地です。

国立は東京郊外の別荘地として開発されたところで、お金持ちが多く住んでいた場所です。

住所でいえば「〒185-0033 東京都国分寺市内藤2丁目43−9」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

ランチは「11時~14時」まで、定休日は「火曜日・水曜日・木曜日」です。

〒185-0033 東京都国分寺市内藤2丁目43−9
営業時間:11時~16時(ランチは14時まで)
定休日:火曜日・水曜日・木曜日
公式:https://www.instagram.com/cafe_okimoto/

このお店の口コミは?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!