熊本県球磨郡球磨村が『ポツンと一軒家』で紹介

熊本県球磨郡球磨村(くまむら)が2021年3月14日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるそうです。九州最大の鍾乳洞「球泉洞(きゅうせんどう)」があるところ、その山奥深くの山頂付近にある70歳代男性が住むポツンと一軒家だそうです。

熊本県球磨郡球磨村が『ポツンと一軒家』に登場

熊本県の山奥深くにある一軒家が2021年3月14日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるそうです。

番組では日本中の集落から離れたところにあるポツンと一軒家を紹介する番組で、今回の放送でも相当な山奥にある一軒家が紹介されます。

今回の一軒家があるのが「熊本県球磨郡球磨村」というところ。

球磨の読み方は「くま」です。

場所は上の衛星写真で映っている青い屋根の民家と畑があるところです。

こちらには70歳代の男性がひとりで住んで、土地と結びついた田舎暮らしをしているそうです。

球磨村ってどんなところ?


球泉洞(球磨村)

球泉洞(球磨村)

球磨村で有名なスポットといえば・・・・

巨大鍾乳洞「球泉洞(きゅうせんどう)」

です。

ホマーテ型石筍(球泉洞)

ホマーテ型石筍(球泉洞)

現在休業中ですが、1973年に発見された4.8kmある鍾乳洞は九州最大と言われています。

3億年前の海底の姿を見ることができ、ホマーテ型石筍(ホマーテがたせきじゅん)が知られています。

今回のポツンと一軒家からも車で30分ほどのところです。

〒869-6205 熊本県球磨郡球磨村大瀬1121(地図
入場料:1100円
営業時間:9時~17時
https://www.kyusendo.jp/

ポツンと一軒家 2021年3月14日 予告


ポツンと一軒家 2021年3月14日 予告は以下の通りです。

熊本県】熊本県南部、鹿児島との県境に近い山の中でポツンと一軒家を発見!集落から教えてもらった道を山へと入ると、急勾配の狭い道が続く…しかも崖ギリギリの道で、崖の反対側はゴツゴツとした岩肌がせり出しており、車一台が通るのもやっとの道幅…残雪で凍結する道の先で出会ったのは?

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!