醤油の主原料は大豆と小麦

醤油の主原料は大豆となにかという話題が2021年3月11日放送の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』で紹介されます。醤油の原材料の多くはひとつが「大豆」ですが、実はもうひとつ「小麦」も多く使われています。

醤油の主原料は大豆となに?(調味料の専門知識)


醤油の主原料は「大豆」以外になにが使われるのでしょうか?

醤油の主原料は「大豆」以外になにが使われるのでしょうか?

2021年3月11日放送『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』の予告を見ていたところ、とても気になる話題が書かれていました。

それが「調味料の専門知識」という話題で、調味料の専門家が教えるハナタカな事実として「醤油の主原料生しょうゆの「生」って何?」という内容が紹介されるそうです。

(1)醤油の主原料は大豆と〇〇
(2)生しょうゆの「生」って何?

醤油の原材料に使われている食材というのは皆さんもご存じの「大豆(丸大豆)」です。

しかし、もうひとつ大豆と同じくらい使われている材料があって、それが何かという話題です。

もうひとつが「生しょうゆ」についての話題。

実は生しょうゆは3種類あるという事実があります。これについては「生揚醤油(きあげ)・生醤油(き)・生醤油(なま)の違い」という記事に詳しいのでそちらをご覧ください。

では「醤油に主原料」というのは大豆ともうひとつ何なのでしょうか?

実は・・・・

小麦

です。

醤油の主原料は大豆と小麦


醤油の主原料は小麦と大豆です

醤油の主原料は小麦と大豆です

醤油の原材料は「大豆小麦」です。

発酵させるための「こうじ菌」も使われています。

主な原材料は「大豆・小麦」でどちらも同じ分量が使われていることが多いのです。

大豆】たんぱく質がこうじ菌により分解されてアミノ酸になります。
小麦】デンプンがブドウ糖になり甘味とコクが生まれ香りも良くなります。
】こうじ菌の発酵を助ける役割を持っています。

小麦の量が多い醤油は「白醤油」のように甘味が強く旨味が控えめで独特の香りが強い醤油になります。

また、色が黄金色になるので白醤油と呼ばれた醤油になるのです。

京都ではこの白醤油が使われることが多く、お野菜などに醤油の色が付かないので重宝されている醤油です。

日本人の3割しか知らないこと 2021年3月11日 予告


日本人の3割しか知らないこと 2021年3月11日 予告は以下の通りです。

▼調味料の専門家が教えるハナタカな事実
・しょうゆ=大豆+○○+麹菌+塩…意外と知らない主原料
・しょうゆ各種…こいくち・うすくち・溜りの違い
・生しょうゆの「生」って何?
・しょうゆ蔵は古いほど良い理由
・普通の肉にオリーブオイルを垂らすと高級な風味
・簡単ひと手間!オリーブオイルの賢い保存法
 苦手な○○を遮断
・米→日本酒→酢?
・酢+牛乳でチーズ?
・酢+パプリカで高級食材の味?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!