竹見野の樹 @宮崎県「備長炭の炭焼き小屋」がポツンと一軒家で紹介

宮崎県北部の美郷町にある備長炭の炭焼き小屋「竹見野の樹」が2021年1月23日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるそうです。そこにでは高齢ですが元気な女性が住んでおり、江戸時代から続く「うなま備長炭(宇納間備長炭)」を生産しています。

備長炭の炭焼き小屋「竹見野の樹」が『ポツンと一軒家』で紹介


備長炭の炭焼き小屋「竹見野の樹」が『ポツンと一軒家』で紹介

備長炭の炭焼き小屋「竹見野の樹」が『ポツンと一軒家』で紹介

2021年1月23日『ポツンと一軒家』で宮崎県にある備長炭の炭焼き小屋が紹介されます。

その炭焼き小屋は「竹見野の樹」という山小屋で、日本三大白炭「日向炭」のひとつとされる「うなま備長炭(宇納間備長炭)」を作っている炭焼き小屋です。

日向炭は江戸時代には寒い京の都を暖めたといわれる炭で、この宮崎から都へ運ばれたと言います。

では、この「竹見野の樹」はどこにあるのでしょうか?

場所は宮崎県北部の山奥です。

住所でいえば「〒889-0901 宮崎県東臼杵郡美郷町北郷宇納間」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

竹見野の樹


竹見野の樹(インスタグラム)

竹見野の樹(インスタグラム)

この「竹見野の樹」はどんなところなのでしょうか?

竹見野という地名は宮崎県美郷町北郷区の山間部にある小さな地区の地名です。

そこで炭を焼いたり、野菜を育てたり、シイタケ栽培をしているのが「竹見野の樹」です。

実は、このうなま備長炭(宇納間備長炭)は2020年に大ブレイクした「鬼滅の刃」の主人公・炭治郎の最初のシーンで背負っている備長炭なのだそうです。

400年の歴史あるそんな備長炭を作っているところのひとつが「竹見野の樹」なんですね。

ポツンと一軒家 2021年1月23日 予告


ポツンと一軒家 2021年1月23日 予告は以下の通りです。

宮崎県】北部、深い山奥にポツンと一軒家を発見!地元で話を聞くと、そこは誰もが知っているポツンと一軒家のようだ。この集落は「木炭の里」と呼ばれており、目指す一軒家は備長炭をつくる炭焼き小屋なのだという。65歳の元気な女性とその家族が織りなす、家業復活のドラマとは?

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!