岩手県一戸町平糠田岡にある一軒家が『ポツンと一軒家』で紹介

岩手県一戸町平糠田岡にある一軒家が2019年8月11日放送の『ポツンと一軒家』で紹介されるようです。予告では神聖なある物を守るご夫婦が住んでいるそうですが、とても人が住んでいるとは思えない場所にあります。

岩手県一戸町平糠田岡にある一軒家が『ポツンと一軒家』で紹介

2019年8月11日放送の『ポツンと一軒家』で、岩手県一戸町平糠田岡にある一軒家が紹介されるそうです。

予告では「未開のジャングルのような山道(超悪路)」の先にある一軒家とされ、そこには神聖なある物を守るご夫婦が住んでいるそうです。

その場所とは「岩手県二戸郡一戸町平糠田岡」で「平糠(ひらぬか)」と呼ばれる地区の「田岡」と呼ばれる場所です。

衛星写真で見ると、この田岡には一軒家が点在していますが、ほぼ山林と同化しており写真で発見するのはかなり困難な場所です。

その中でも一番わかりづらい一軒家に今回の放送で行くということで「よく見つけたな」と感心するばかりです。

なお、座標でいうと「40°07’30.8″N 141°19’46.5″E」で、そこへと至る一般的な道はありません。

一戸町といえば平安時代末期から軍馬の産地

一戸町といえば平安時代末期から軍馬の産地

なお、一戸町といえば平安時代末期から軍馬の産地ですが、予告にある「神聖なある物」は馬とは関係なさそうです。たぶん、神社や祠(ほこら)が神聖なものとして紹介されるのだと思います。

岩手県二戸郡一戸町平糠田岡(地図

ポツンと一軒家 2019年8月11日 予告


ポツンと一軒家 2019年8月11日 予告は以下のとおりです。

衛星写真を見せて地元の方に聞き込みするのが恒例だが、「これはウチの実家じゃないかな」と、思わぬ言葉から捜索スタート!車は大きく左右に揺さぶられ、未開のジャングルのような山道を行く。捜索隊も体験したことがないような超悪路の先には、神聖なある物を守る夫とそれを支える妻の物語があった。

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!