香川県にあるポツンと一軒家の場所はどこ?(香川県木田郡三木町大字鹿庭)

香川県木田郡三木町のポツンと一軒家が、2019年7月28日放送『ポツンと一軒家』で紹介されます。2019年4月にも紹介されたエリアですが、今回紹介されるのは平家の落人が隠れ住んだとされる「香川県木田郡三木町大字鹿庭」というところです。

香川県にあるポツンと一軒家の場所はどこ?

2019年7月28日放送『ポツンと一軒家』で、香川県木田郡三木町のポツンと一軒家が紹介されます。

予告では「香川県東部にあるポツンと一軒家」と書かれているのですが、高松市のすぐ南東にある町です。

三木町は、とても縦長な町で、今回の『ポツンと一軒家』で紹介されるのは三木町の南部山中にある一軒家になります。

その一軒家の場所は「鹿庭地区」とよばれ、予告映像ではそこへ至る道は野猿のいる林道で竹林が倒竹した場所とありました。

別名「竹尾の隠れ里

ここは平家の落人が隠れ住んだ場所なのです。

香川県木田郡三木町大字鹿庭

安徳天皇を祭る龍王神社


倒竹の場所には安徳天皇を祭る龍王神社がある

倒竹の場所には安徳天皇を祭る龍王神社がある

2019年7月28日放送『ポツンと一軒家』で紹介されるポツンと一軒家の付近は平家の落人が隠れ住んだ場所です。

すぐ北に「安徳天皇を祭る龍王神社」というのがあります。

住所では、先ほどのポツンと一軒家と住所は同じ「香川県木田郡三木町大字鹿>庭」ではあるものの、鹿庭地区ではなく「竹尾地区」と呼ばれているところにある神社です。

この神社を代々守ってきたのが筒井日向守の子孫で、平家側についていた筒井日向守孫兵衛の一族です。

御祭神は安徳天皇。

安徳天皇は平家である平清盛の孫です。

幼少であった安徳天皇は壇ノ浦の合戦で平家の滅亡とともに他界していますが、平家側についていた筒井日向守孫兵衛は「屋島合戦」で敗れ、落ち武者となって家来と共にこの竹尾地区へとたどり着き隠れ棲んだのです。

それが、この「竹尾の隠れ里」です。

香川県木田郡三木町大字鹿庭

ポツンと一軒家 2019年7月28日 予告


ポツンと一軒家 2019年7月28日 予告は以下の通りです。

香川県】木南晴夏&生駒里奈が「わぁ!すごい山の中!」と、思わず驚くほどのポツン!最寄りの集落で聞き込みをし、情報をもとに車を走らせると、大規模な土砂崩れの跡、さらには車道を走る猿まで目撃する。鬱蒼とした山道、森を抜けた先には子育てに奮闘する幸せいっぱいの家族、そして番組初づくしの展開が待っていた!

広告


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!