京都ラーメンマップ 2018年5月

京都ラーメン 2018年5月の新店と閉店【京都ラーメンマップ】

京都ラーメンマップ 2018年5月を公開しました。掲載数最大、最新情報を最速で掲載中です。新店での注目キーワードは「セカンドブランド」で「らぁ麺すぐる」や「麺屋 一空」といった既存有力店のセカンドブランド(2号店)が安定の味でラーメン新店を出店しています。反面、個人営業のラーメン店が閉店(閉鎖)しており、特に開店から10年程度のラーメン店が閉店を余儀なくされていました。
Continue reading

じゃばら飴のパッケージ「じゃばらきたやま限定特産品」と書かれている

北山村 ジャバラ @和歌山県「花粉症がいない奇跡の村」が名医のTHE太鼓判で紹介

花粉症がいない奇跡の村「北山村」ジャバラが2019年3月25日放送の『名医のTHE太鼓判』で紹介されることになっています。和歌山県の秘境にしか自生しない奇跡の果実「じゃばら」はアレルギー抑制効果の高い「フラボノイド」の成分で「ナリルチン、ナツダイダイン」が他の柑橘類に比べて非常に多く含まれているため花粉症に効果があると言われています。
Continue reading

原谷苑の満開時(2016年4月7日撮影)

原谷苑 2018桜開花情報「桜の一般公開は3月24日から」混雑具合や料金は?

今回の「京都案内」は、桜の名所「原谷苑」の桜最速レポートです。4月初旬から中旬まで花見客が大勢訪問する京都の秘境「原谷」にある桜の園で、京都でも桜が多く見られる庭園として知られています。入園料は300円~1500円の変動性で、桜の見頃によって値段が変わるという面白いシステムを導入しています。2018年は3月時点では無料公開中で、3月24日から有料になるとのことでした。
Continue reading

なんとラーメン300円

京都にある昭和の値段で食べられる「激安大衆食堂」厳選9店舗

今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメンとうどんが安く食べられるお店を厳選して紹介します。値段は「かけうどん 200円」と「中華そば 250円」が最安値で、どのお店も500円より安い値段のお店ばかりです。実は京都にはこういう昭和の値段のままで販売している大衆食堂(麺類一式の店)が多く残っており、学生も多い町であることからお値段据え置きのお店も多いのです。
Continue reading

150年以上前の弾痕がいくつも残っています

蛤御門の弾痕 @京都御苑に残る「禁門の変」の歴史

今回の「京都案内」は、京都御苑に残る幕末の戦いの跡です。約150年前の幕末に起きた「禁門の変(1864年)」の時に残った「弾痕」です。弾痕が残っているのは「蛤御門(はまぐりごもん)」で、長州藩が薩摩藩・会津藩と戦った時の記憶が今でも京都には残っているのです。
Continue reading

「コシヒカリ」や「ササニシキ」のルーツ、京都の「旭米(旭1号)」

旭米(旭1号)@京都・向日市「入手困難な幻のお米」をご存知ですか

京都では「旭米(旭1号)」という品種の米がかつて栽培されていました。戦後すぐには西日本一帯で一番多く栽培されていた京都発祥の米で「西の旭米」と呼ばれるほど流通していました。この「旭米(旭1号)」をルーツにした米はおいしい品種が多く「コシヒカリ」も旭米を先祖にもつ品種なのです。
Continue reading

京都・白川の「私設図書館」が『ドキュメント72時間』で紹介

私設図書館 @京都 静かすぎる図書館 体験レビュー『ドキュメント72時間』で紹介

京都にある静かすぎる図書館(私設図書館)が、10月27日放送NHK『ドキュメント72時間』で紹介されます。なんと京都に72時間が来たのです。場所は京都・白川にある「私設図書館」という店名のカフェのような自習室のような図書館のような空間です。今回は、この「私設図書館」を実際に利用してきましたので「営業時間利用料金座席の雰囲気利用方法電源やwifiの有無駐車場や駐輪場の有無」などを詳細にレビューします。
Continue reading

パッと見は揚げパンですが中には意外なものが・・・

十右衛門ベイク @京都・太秦「もちもちレモンドーナツ パンが絶品」実食レビュー

今回の「京都案内」は、2016年11月にオープンしたパン屋「十右衛門ベイク」さんの「もちもちレモンドーナツ」を紹介します。これなかなかの逸品でおいしいパンでした。国産レモンで味付けした求肥の入った揚げパンという、なかなか面白い組み合わせのパンです。
Continue reading

香来 壬生本店のラーメン 680円

京都ラーメン よくある間違い まとめ

ネットで流れている「京都ラーメンの定説」には首をかしげるものがいくつかあります。「京都ラーメンは豚骨醤油」とか「京都ラーメンは存在しない」とか何を言っているのかと思うものから、「一乗寺はラーメン激戦区」と間違いではないけど「京都ラーメン最大の激戦区・河原町忘れてません?」というものまであります。
Continue reading

山国納豆 @京都「納豆発祥の地」を見に行く【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は、京都が「納豆発祥の地」と言われる謎を探しに「京北」まで行ってきました。日本を代表する発酵食品「納豆」は京都が誕生の地だった?京都の京北には「山国納豆」や「つと納豆」という伝統ある納豆が存在する?京北の常照皇寺(じょうしょうこうじ)には証拠の絵巻が存在するなど盛りだくさんの内容です。
Continue reading

きぬがさ(きつねとじ)

京都「うどんの種類と特徴」違いがよくわかる写真まとめ

今回の「京都案内」は、とかく分かりづらい京都の一風変わった「うどん」メニューのお話です。京都では「きつね」は甘くないし、「たぬき」は刻み油揚げの餡かけだったりします。また「衣笠(きぬがさ)」とか「しっぽくのっぺい」に「花まき」など聞きなれないメニューがあります。
Continue reading

京都の「北野天満宮」に怖い童謡の道があるらしい

童謡「とおりゃんせ」の道はどこにあるのか?【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は、もっともっと身近な場所の話です。その場所とは「北野天満宮」で、そこに「怖い童謡の道」があるらしいのです。童謡とは「通りゃんせ(とおりゃんせ)」のことで、今回は「行きはよいよい 帰りはこわい」の意味を解き明かしに行きました。
Continue reading

立派な石碑には「牛若丸誕生井」と書かれていました

牛若丸産湯井戸・胞衣塚 京都市内の無名な史跡を見に行く【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は京都市内の街中にある無名の名所を訪ねてきました。それもあの超有名な偉人である源義経(牛若丸)に関係がある場所です。その場所とは「牛若丸産湯井戸・胞衣塚」(えなづか)と呼ばれる牛若丸生誕の場所で、なんと大徳寺の北に今でも産湯に使った井戸も残っている場所なのです。
Continue reading

国道425号 日本三大酷道(龍神~十津川ルート)を走ってきた 2016年8月

国道425号」は、紀伊半島の和歌山県と奈良県をつなぐ道です。国道なので東西移動に便利と思いきや、とんでもない悪路で「日本三大酷道」とも言われている道なのです。今回は、国道425号の特に悪路が厳しい区間(龍神~十津川ルート)をバイクで走ってきました。
Continue reading