当尾ごぼう、太いゴボウですが、堀川ゴボウとの違いは「ス(中の空洞)」が無い点

京都には幻の野菜「当尾ごぼう」がある

今回の「京都食材」は、京都府木津川市の伝統野菜当尾ごぼう」の紹介です。当尾(とうの)は古くから仏教寺院が多く存在した山間集落でもあるのですが、京都と奈良の県境であったことから京野菜や大和野菜(奈良野菜)の両方の産地でもありました。今回はその当尾で開催された「当尾文化祭」にて発売された「当尾ごぼう」を入手しました。
Continue reading

2019年1月26日に開催された「当尾文化祭」

当尾文化祭 @京都府木津川市「当尾野菜やジビエ料理」実食レビュー

今回は2019年1月26日に開催された「当尾文化祭」で食べた当尾野菜ジビエ料理を実食レビューしたいと思います。当尾文化祭というのは京都府木津川市にある当尾(とうの)地区で年に一度開催されているイベントで、当尾の食材や文化を知ることができる貴重な機会です。
Continue reading

これが京都の特別牛乳(クローバー牧場)

京都の特別牛乳とは!木津川市の美味すぎる牛乳「クローバー牧場」

京都には日本で4箇所の牧場でしか生産できない「特別牛乳」があるというのをご存知でしょうか。カルシウムやタンパク質などすべての栄養素が一般的な牛乳より多く含まれる牛乳で、厚生労働省が「優れた飼育環境と製造設備」を持った生産者として認可した生産者でしか作られない幻の牛乳なのです。
Continue reading

虜や 餃子の原材料は多岐にわたります

餃子の虜や @京都「持ち帰り専門の京丹波高原豚ジューシー餃子」実食レビュー

今回は安くて美味しい、高級食材「京丹波高原豚」を使った餃子の専門店「餃子の虜や」さんのジューシー餃子を実食レビューします。持ち帰り専門店で値段は1人前200円(生餃子)からとお安く、焼きたては肉汁感あふれるジューシー餃子です。食材にこだわりがあり、小籠包のようなジューシー餃子です。
Continue reading

ハモの天ぷら(魚力)

魚力 @京都・錦市場「秋ハモ天ぷらがワンコインで食べられる店」実食レビュー

京都には秋ハモ天ぷらがワンコインで食べられる店があります。錦市場の老舗鮮魚店「魚力」さんで、外国人観光客に人気のグルメスポットです。秋の京都は紅葉が有名ですが、秋の味覚も楽しむことができます。特に「秋ハモ」は脂がのって一番おいしい季節です。
Continue reading

実際に食べて「本当においしいパン」ばかりを集めました

京都「洛北・京北エリア」でオススメのパン屋 ランキング TOP5

今回の「京都パン屋ブログ」は、洛北・京北エリアで見つけた美味しいパン屋さんのランキングです。京都でオススメのパン屋と聞かれたら、即答で答えるレベルのパン屋ばかりがランクインしていますが、地元の方でもないとご存じないパン屋さんばかりだと思います。
Continue reading

本当に美味しいと思うラーメン店のみを集めました

ラーメン激戦区の京都で地元ラーメンマニアが歩いて食べた「京都ラーメン」厳選ランキング

今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。
Continue reading

どぼ漬け、昔ながらの強烈なスッパさがヤミツキになります

生涯をかけた57年物の糠床で作る「どぼ漬け」が京都にはある

今回の「京都グルメ」は「どぼ漬け」の話です。いわゆる「ぬか漬け」のことですが、京都では「どぼ漬け」と呼んでいます。野菜を「ぬか床」に漬けて作られる発酵食品の王様とも言えるものですが、ぬか床が古ければ古いほど美味しい漬物になります。しかし「ぬか床」の管理は大変で、今では「ぬか床」を作っている家庭も少なくなりました。
Continue reading

絹、木綿とド直球の品揃え

入山豆腐店 純豆乳@京都「京都で一番古いとうふ屋」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都で一番古いとうふ屋京都最古の豆腐店)の紹介です。お店の名前は「入山豆腐店」さんで、今でも炭を使って「おくどさん(かまど)」で大豆を煮ています。その大豆を絞った豆乳(純豆乳)で作る豆腐は「木綿、絹ごし」があり、値段は240円~260円です。今回は、この豆腐の原液とも言える豆乳(純豆乳)絹ごし豆腐を食べてみました。
Continue reading

有精卵 野たまご いったいどんな卵なのか

有精卵 野たまご @京都・大原 山田農園「1玉85円の平飼いこだわり卵」実食レビュー

これは「京都最強の卵ではないか?!」と思うほどのこだわりと値段の高級卵「有精卵 野たまご」を入手しましたので実食レビューします。大原の山田農園さんで飼育される鶏は「平飼い有精卵独自配合飼料」という3つのキーワードで生産されており、弾力のあるオレンジ色の黄身に、黄緑と薄赤色の白身はふっくらと盛り上がるほど新鮮です。では、この「有精卵 野たまご」どこで買えて、値段はいくらくらいなのでしょうか。
Continue reading

謎の万能調味料「梅びしお」

梅びしお 雲月@京都「万能調味料!梅干しの発酵珍味」実食レビュー

今回の「京都の食材」は、万能調味料「梅びしお」の紹介です。京都の割烹「雲月」さんで販売されているものが美味しい「梅びしお」として知られていますが、本来は梅干しを発酵調味料「ひしお」で味付けした練り梅のことで、京都だけのものではありません。今回紹介する「雲月 梅ひしお」は梅干しの練り物に昆布などで旨味を加えたもので、京都御所の東(出町柳周辺)にある「御所雲月」さんで販売されています。
Continue reading

遂にゲット!京都で一番おいしいかもしれない幻のパン「ベッカライ・ヨナタン」

ベッカライ・ヨナタン @京都・京北「激ウマ!野生酵母パン」実食レビュー

今回の「京都パン屋ブログ」は、京都の秘境にある山奥のパン工房「ベッカライ・ヨナタン」の紹介です。たぶん聞いたことがないパン屋さんですが、それもそのはずで「ベッカライ・ヨナタンではパンは売っていない」のです。というのも、パン工房だけで直売はなく、ホテルやレストランにパンを卸しているのが「ベッカライ・ヨナタン」さんというパン屋さんなのです。しかし、その味は京都でも一番おいしいと言えるほどのパンで、一度食べたら他のお店のパンが食べられなくなるほどのパンです。
Continue reading

山国納豆 @京都「納豆発祥の地」を見に行く【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は、京都が「納豆発祥の地」と言われる謎を探しに「京北」まで行ってきました。日本を代表する発酵食品「納豆」は京都が誕生の地だった?京都の京北には「山国納豆」や「つと納豆」という伝統ある納豆が存在する?京北の常照皇寺(じょうしょうこうじ)には証拠の絵巻が存在するなど盛りだくさんの内容です。
Continue reading