【新規オープン】11/1、ベトナムのビンズオン省にAEON2号店「イオンモール ビンズオンキャナリー」が新規オープン

Sponsored Link


11/1、ベトナムのビンズオン省にAEON2号店「イオンモール ビンズオンキャナリー」が新規オープンします。ビンズオン省はベトナムの南にある商業地ホーチミン市(旧サイゴン)に次ぐ第二位の都市。(ハノイは?)

建設地は「Thuan An」という町です。「Thu Dau Mot」市の南の辺り。

日系店舗40店を含む計150店が入る巨大ショッピングモールです。飲食ゾーンはベトナム最大級になるとのことでした。(60店舗以上)

すでに、2014年1月にホーチミン市郊外に「イオンモールタンフーセラドン」をオープンし、1日に150万人が訪れるなど大盛況でした。

ベトナムは若い人口が多く、また日本製品信仰が強い国です。
実際に行ってみると分かりますが、ホーチミン市には日系企業の商品で特に女性の化粧品は「資生堂」の独占市場となっています。

普段は男性はのらりくらりとし、女性は勤勉というお国柄で、女性がよく働く国でもあります。男性はなんかあると一気に動き出します(笑)

共産党独裁国家ですが、言うほどのこともなく、街中は普通に活気づいて自由に生活しています。

ただ、基本的には「反米」の人が多く、ホーチミンおじさんをを信奉する方々ばかりです。

町は明るくキレイなところが多いですが、食べ物だけは注意しないと一週間くらい動けなくなります。

台湾と同じでバイクは多いのですが、車もたくさん走っています。基本的に信号というものがないので、車はずっとクラクションを鳴らして走るのがマナーになっています。

信号を渡る時はもはや命がけですが、車が避けて走ることを祈りながらゆっくり横断すると成功しますが、私は意地でも広い道は横断しませんでした。

そんな国です。

イオンモールタンフーセラドン(イオン・ベトナム1号店)
30 digues Tan Thang, Son Ky Ward, Tan Phu district.

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。