福知山温泉 @京都府福知山市の天然温泉 入浴レビュー

ひさしぶりの「温泉レビュー」記事です。今回は京都府福知山市天然温泉「福知山温泉 養老の湯」まで行ってきましたので入浴レビューしたいと思います。

福知山温泉」はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で療養泉になっているとのことなので期待が高まります。

広告

京都の「福知山温泉」に行ってきました


京都の「福知山温泉」はドラマの撮影ロケ地にもなった場所です

京都の「福知山温泉」はドラマの撮影ロケ地にもなった場所です

京都・福知山に行った際に、福知山の天然温泉で療養泉とされる「福知山温泉」に行ってきました。

ひさしぶりの温泉レビューですが、今回は結構遠い京都府北部の温泉です。

京都も春になり、福知山の知人からも「雪はないよ」ということを聞いていたのでバイクで行ってきました。

京都府の中部は温泉不毛地帯なので天然温泉は珍しいです

京都府の中部は温泉不毛地帯なので天然温泉は珍しいです

京都市中部は天然温泉がほとんどなく、綾部や福知山に多少あるくらいです。

この「福知山温泉」も近くには「ニコニコ温泉」があるくらいで、この付近では重宝しているのでしょう、地元の方で結構にぎわっていました。

向井理さんのドラマ『神の舌を持つ男』の撮影ロケ地にもなった温泉地ということもあり、この付近では名の知れた温泉地でもあります。

古い日本家屋のようなスーパー銭湯


見た目は趣のある和風の建物です

見た目は趣のある和風の建物です

では、施設はどんな感じなのでしょうか?

設備としては「日帰り温泉」なので、いわゆる「スーパー銭湯」というカテゴリーです。

建物は入口と食事処などのあるフロント部分が和風建築になっていました。

大浴場がある方は普通のスーパー銭湯の雰囲気です

大浴場がある方は普通のスーパー銭湯の雰囲気です

大浴場は入って右手の普通の建物内にありました。

城陽市にある「上方温泉一休京都本館」のような完全な和風建築ではありませんが、そこそこ雰囲気がある施設です。

いろいろと和風の雰囲気を工夫しているようです

いろいろと和風の雰囲気を工夫しているようです

それでは、さっそく入浴してみましょう!

福知山温泉 入浴レビュー


ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」で「高張性中性療養泉」です。

平たくいうと「塩気のある濃度の濃い中性の温泉」ということになります。

実際に入った感じでは、入りやすい泉質で、やや塩分があり、若干スベスベする温泉で、特に特徴的なものはありませんでした。

日本では多い泉質ですが、ここは「療養泉」に認定されているようで記載がありました。

露天・内湯のあるお風呂ですべてが源泉ではありませんでした(写真はイメージです)

露天・内湯のあるお風呂ですべてが源泉ではありませんでした(写真はイメージです)

さて、露天風呂などの大浴場はどんな感じなのでしょうか?

内湯や洗い場の広さはさほどありませんが、露店風呂は広くて満足できるものでした。

ただ、気になったのは「源泉は一部だけ」ということでした。

広くはなく内湯と洗い場は狭い
露天風呂は広い
すべてが源泉ではない
洗い場に段差があって危ない

古くもなく新しくもない温泉にはよくあることなのですが、内湯は「白湯」で露天風呂も源泉は一部だけということがよくあります。

この「福知山温泉」もそうで、天然温泉を使っているのは一部だけでした。

あと、洗い場に無用な段差があるのが危険で、2回ほど足をぶつけたり踏み外したりして焦ってしまいました。

福知山温泉 基本情報


福知山温泉 基本情報

福知山温泉 基本情報

総合的な評価でいえば「普通」といわざるをえませんが、福知山も綾部も思うほど天然温泉がなく重宝する温泉地だと思いました。

行った日も夜遅くでしたが、地元の家族連れでにぎわって、食事処もほぼ満席でした。

入浴料も700円と、これだけの施設にしてはお安い方だと思います。

京都府福知山市字長田81−33
入浴料:700円
営業時間:10時~23時
定休日:年中無休
URL:http://www.fukuchiyamaonsen.com/


温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。