老松温泉 喜楽旅館 栃木で噂の効能は凄いがクセも凄い超訳あり名湯旅館【MATSUぼっち】

栃木県の廃墟旅館老松温泉 喜楽旅館」が11月24日放送の『MATSUぼっち』で紹介されるようです。EXILEのMATSUさんが「栃木で噂の効能は凄いがクセも凄い超訳あり名湯旅館」に行くという企画ですが、間違いなく「老松温泉 喜楽旅館」です。

よく「超オンボロ温泉旅館」として紹介されるところですね。

広告

栃木で噂の効能は凄いがクセも凄い名湯旅館が『MATSUぼっち』で紹介

栃木で噂のになっている超オンボロで、効能は凄いが、クセも強いという名湯旅館が『MATSUぼっち』で紹介されます。

・超オンボロ
・効能は凄い
・クセも強い

温泉といえば露天風呂に景色が見られるところを想像しますが・・・・

温泉といえば露天風呂に景色が見られるところを想像しますが・・・・

普通「温泉旅館」といえば、普通に建物があって露天風呂に温かい温泉と極楽を想像しますが、今回紹介される温泉は・・・・

まるで廃墟

という「ニッチすぎる温泉」だと言うのです。

では、この温泉とはどこなのでしょうか?

老松温泉 喜楽旅館

#栃木県#那須湯元#老松温泉#喜楽旅館#温泉#内湯#秘湯#ボロ#マニア#spa #hotsprings

温泉どうでしょう!さん(@on1000.man)が投稿した写真 –

実はこの温泉旅館ですが「老松温泉 喜楽旅館」さんという旅館です。

老松温泉」とはなっていますが、温泉があるのはあの超有名な「那須湯本温泉」です。

#廃墟 #urbex #ruins #那須温泉郷 #栃木 #喜楽旅館 老松温泉 喜楽旅館 全景 中央部が温泉です

甘党さん(@sweet_____tooth)が投稿した写真 –

源泉は25℃の冷泉ですが、もちろん加温されています。

泉質は「弱アルカリ性硫黄泉」ですが、那須湯本温泉は硫黄泉が多いです。ただ、那須湯本温泉でも酸性の強い温泉や明礬泉などいくつもの泉質があります。

入浴料は500円とお手軽なお値段ですが、45分間という制限もあります。

#廃墟 #urbex #ruins #那須温泉郷 #栃木 #喜楽旅館 闇へ

甘党さん(@sweet_____tooth)が投稿した写真 –

ただ、温泉好きとして言いたいのですが、温泉というのは「泉質・景観・設備」どれが欠けても満足しません

せっかく行くのだから、ノンビリと景色を見ながらよい温泉に浸かってこそのものなのです。

行くなら、キチンとした温泉に行くのを強くオススメします。

あとよく温泉紹介で「効能がスゴイ」と記事になっていることがよくありますが、温泉の効能なんてのは1回行ったくらいじゃなんの影響もありません。

それよりも気持ちよく温泉に入ってリフレッシュすることが温泉では一番大事なことだと思います。

栃木県那須郡那須町湯本181
入浴料:500円(45分間)
営業時間:8時~20時
定休日:年中無休
URL:http://www.nasuonsen.com/

MATSUぼっち 11/24 予告


MATSUぼっち 11/24 予告は以下の通りです。

1人ぼっち・寂しがりやの松本利夫が未知なる世界に体当たり潜入/栃木にある効能はスゴイが今にも崩れ落ちそうな温泉旅館に潜入/松本が判定「今宵のヤバい!」
松本利夫が、EXILEパフォーマーを卒業した今だからこそ見える、未知なる世界に体当たり潜入。  今回は、日頃のロケでお疲れの松本に“効能はスゴイがちょっとクセがある”と噂の温泉を提案。そこは栃木県にある「老松温泉 喜楽旅館」。現場に到着し、松本が目にしたものは・・・今にも崩れ落ちそうな旅館だった。そんな温泉の魅力とは!?

Twitterの口コミや感想


温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。