やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館 四季の湯-銭湯(京都府八幡市)

Sponsored Link



人口温泉の銭湯


2014-07-22_201535

ここはあまり知られていないと思います。

京都府八幡市にある「流れ橋」の近くにある「やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館」という第三セクターっぽい食事処と銭湯のある建物にあります。

受付は「やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館」ですが、銭湯自体は隣の「八幡家」というビュッフェランチをやっている小洒落たお店の奥にあります。(ランチ大人1,600円)

銭湯は410円で銭湯価格です。

泉質:光明石温泉(人工温泉)


2014-07-22_201625

内湯は人工温泉、露天は白湯。
泉質は「光明石温泉」と書かれていますが、これはいわゆる「人工温泉」で光明石から抽出した温泉成分が業務用で販売されており、それを利用していると思われます。

料金:410円


2014-07-22_201711

銭湯価格の410円です。シャンプー類は設置されていません。

設備:普通


小洒落た銭湯くらいに思っておけば・・・。

行き方


京都からは第二京阪国道を大阪方面に進み(下道で)、府道22号を左折するとだいたい分かると思います。

駐車場はあります。

【総合評価】★☆☆☆☆(再訪は難しい)


非温泉なので低評価です。

近くに京都と奈良をつなぐ総距離90キロのサイクリングロードというオッソロシイものがあり、さらにその途中に時代劇の撮影場所としても有名な最長の木造橋がかかっています。サイクルマンだったら、その途中で風呂入るという使い方はありかもしれません。

2014-07-22_201502

温泉のお供にはあまざけが一番


温泉のお供にはあまざけが一番です!
お肌ピチピチ、ほうれい線が薄くなりますよ。

あまざけの効果はこちらで記事にしています。

2014-05-09_203450


[browser-shot url=”http://osumituki.com/hack/2325.html” width=”100″]

ここ数週間ほどですが、20年以上愛飲してきた「日本酒」ではなく、「赤ワイン」に急に切り替わりました。理由はわかりませんが、とにかく手に取っていました。今回出てくるのが、「フェリチン」と似たような名前の「フィチン」という物質です。



[browser-shot url=”http://osumituki.com/hotspring/osumituki-hotspring/” width=”100″]

関西圏で厳選した「お墨付き 温泉」です。全記事は右上のメニュー「温泉」からエリアで選べます。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。