オススメの京都市内の天然温泉の銭湯とスーパー銭湯を京都地元民が厳選紹介

Sponsored Link

今回の京都案内は、うちの温泉担当が実際に行って入浴して本当に良い温泉で通っている京都の天然温泉に入れる銭湯やスーパー銭湯を紹介します。いずれも京都市内では地元の方で賑わう天然温泉施設で観光客向けではありません。しかし、そういうところにこそ良質の天然温泉があったりします。

重視している項目は地元の京都で通う理由となる「泉質料金」になります。

泉質と価格にこだわった京都の地元民が通う本当に人気の天然温泉を紹介


泉質と価格にこだわった京都の地元民が通う本当に人気の天然温泉を紹介

泉質と価格にこだわった京都の地元民が通う本当に人気の天然温泉を紹介

うちの温泉担当は休日のみならず平日昼間から温泉に行く温泉マニアで京都の天然温泉や銭湯はすべて網羅しています。

泉質には特にこだわるタイプで天然温泉が大好き

そんな彼が通っている天然温泉の銭湯とスーパー銭湯が京都市内にはいくつかあります。

もちろん通うのだから入浴料もリーズナブルでなくてはいけません。今回は「泉質と価格」にこだわった京都の地元民が通う本当に人気の天然温泉を紹介します。

仁左衛門の湯(京都市西京区)


京都市内ではナンバーワンと地元民が絶賛する仁左衛門の湯(にざえもんのゆ)

京都市内ではナンバーワンと地元民が絶賛する仁左衛門の湯(にざえもんのゆ)

まずは京都市内でナンバーワン天然温泉と言われるのが「仁左衛門の湯」(にざえもんのゆ)です。

京都市西京区なのでバスか自家用車などで行くしかありませんが、価格もリーズナブルでかつ良質な天然温泉は触感がヌルヌルスベスベとしており、京都市内でも屈指の天然温泉施設です。

泉質は「単純温泉(1号泉)」と「ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉(2号泉)」があります。

(1号)単純温泉 単純泉だが重厚な泉質で肌がテカテカします。
(2号)ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉 pH7.9と低いがスベスベ度が高い温泉。

大浴場は2つあって「空蝉」(からせみ)という方の大浴場がオススメです。公式サイトで当日のお風呂の割り当てが掲載されているので、それで「空蝉」(からせみ)の日に行ってください。

京都府京都市西京区樫原盆山5
入浴料:700円(平日)、850円(土日祝)※会員は50円引き
営業時間:10時から26時(土日祝は朝8時から営業)
定休日:年中無休
URL:http://www.nizaemon.com/


詳細レビュー(入浴体験記)はこちらです

仁左衛門の湯は、私が一番通う京都市の桂(洛西)にある自噴のかけ流し温泉です。非常に泉質が良く、お値段も手ごろで非常におすすめのスーパー銭湯です。場所は桂の国道9号線沿いと、行くのはかなり遠いし、施設も古めではあるのですが、長く続いてもらいたいお店です。


天翔の湯(京都市右京区)


天翔の湯は格安で本格天然温泉に入れる地元の名湯です

天翔の湯は格安で本格天然温泉に入れる地元の名湯です

天翔の湯は京都駅から比較的近い場所にある京都の銭湯ですが、あまり紹介されることはありません。

しかし、京都在住の方にはあの「船岡温泉」よりも身近で、他には教えたくない天然温泉の銭湯とも言うべき銭湯なのです。

天翔の湯は京都盆地から湧く正真正銘の天然温泉を使った濃厚なお湯で、白濁した塩化物温泉が濃厚で飲泉もできるという優れた温泉施設でもあります。

京都では超有名でよく紹介される「船岡温泉」なども近くに住んでいたので通いはしましたが天然温泉ではないただの白湯です。行くならやはり天然温泉がよいのは当たり前で、銭湯なので価格も430円とかなりリーズナブルであるためオススメの天然温泉入浴施設です。

京都府京都市右京区西京極大門町18
入浴料:430円
営業時間:14時から25時
定休日:火曜
URL:http://tensyonoyu.web.fc2.com/


詳細レビュー(入浴体験記)はこちらです

京都市内には3つの天然温泉銭湯があるのは、あまり知られていません。その3件の元湯は西京極にある「天翔の湯」という銭湯から湧いているのです。ぬる湯がここち良くて、夏に行くなら「天翔の湯」は大変おすすめできる天然温泉銭湯です。銭湯なので安いのに天然温泉が楽します。


玉光湯ひじりのね 伏見店(京都市伏見区)


玉光湯ひじりのね 伏見店は名湯「亀山タートル温泉」を使っています

玉光湯ひじりのね 伏見店は名湯「亀山タートル温泉」を使っています

玉光湯ひじりのね 伏見店」さんは、なんとあの三重県の名湯「亀山タートル温泉」を運び湯している天然温泉スーパー銭湯です。

やや塩気のある香ばしい香りのする天然温泉で、ツルツルする触感は運び湯ではあるものの十分に良質な泉質(炭酸水素塩泉)を楽しむことができます。

天然温泉は露天風呂のみですが、内湯の日替わり湯も炭酸湯や薬草湯などでこちらもオススメです。

露天風呂にはテレビもあり、ノンビリとするにはもってこいの温泉。なお、朝8時から営業しているというのもポイントで、無料の館内着を入浴前に借りておけば再入浴も可能という至れり尽くせりの天然温泉スーパー銭湯と言えるでしょう。

京都府京都市伏見区羽束師菱川町678
入浴料:650円(平日)、750円(土日祝)
営業時間:8時から24時
定休日:年中無休
URL:http://hijirinone.com/


詳細レビュー(入浴体験記)はこちらです

玉光湯ひじりのね京都市伏見区)に行ってきました。ここは元やまとの湯で当時から「亀山タートル温泉」を運び湯にしていた天然温泉スーパー銭湯です。お湯は私(温泉担当)が2番目に好きな泉質です。最近ではカットサロンとセットの激安入浴券もあります。


伏見 力の湯(京都市伏見区)


伏見 力の湯は直売所やミニサッカーもできる天然温泉施設です

伏見 力の湯は直売所やミニサッカーもできる天然温泉施設です

伏見 力の湯」さんは京都の南側で伏見区にある天然温泉を運んできている運び湯の天然温泉スーパー銭湯です。

その運び湯とは、うちの温泉担当が大絶賛する超名湯「能勢アートレイク温泉」なのです。

能勢アートレイク温泉」というのは大阪府能勢町で湧く天然温泉でアルカリ度の高い超ツルツルする温泉なのです。pH値はなんと「pH10.1」もあります。これはかなり高い数値です。

独特の香り(水くささ)が特徴的で、この温泉に入れるのは他には「ハイジの家」(大阪府能勢町)「スパバレイ枚方南」(大阪府枚方市)という以前にレビューした天然温泉などがあります。

クープンを使うと100円キャッシュバックがありますのでスマホなどで見せて入浴してください。

京都府京都市伏見区竹田青池町130
入浴料:700円(平日)、800円(土日祝)
営業時間:10時から25時(受付24時まで)
定休日:メンテナンス日あり
URL:http://www.chikara-u.com/


詳細レビュー(入浴体験記)はこちらです

京都市伏見区に、京都の産直野菜を販売する「じねんと市場」などもあるpH10.1の能勢アートレイク温泉を使ったスーパー銭湯があります。個人的に大好きな「能勢アートレイク温泉」(アルカリ単純泉)をつかったヌルヌルするお湯を運び湯しているスーパー銭湯です。


金閣寺湯(京都市北区)


金閣寺湯は観光地「金閣寺」すぐ近くの地元の方が通う天然温泉銭湯です

金閣寺湯は観光地「金閣寺」すぐ近くの地元の方が通う天然温泉銭湯です

金閣寺湯さんは観光地の金閣寺の近くにある天然温泉の銭湯です。

観光地ですがお客さんは地元の方々ばかりで観光客の方は来ません。というのも、近くにはあの超有名で外国人観光客が多くいらっしゃる「船岡温泉」があるからです。

しかし「船岡温泉」は天然温泉ではありませんが、こちらは天然温泉の湧く「天翔の湯」から天然温泉を運んでいる系列店なのです。

そのため、塩味のする天然温泉にリーズナブルな銭湯価格で入れるということで地元では人気の銭湯になっています。

京都府京都市北区衣笠北天神森町34
入浴料:430円
営業時間:14時から25時
定休日:月曜
URL:http://kinkakujiyu.web.fc2.com/


詳細レビュー(入浴体験記)はこちらです

京都市内で天然温泉を使っている銭湯のひとつで、源泉の湧く「天翔の湯」から天然温泉を運んでいる系列店です。観光地の金閣寺の近くにありながら、地元の方が通う銭湯で観光客の方はあまり来ない隠れた名店のひとつです。


京都市内にある地元民が厳選した天然温泉 まとめ


京都市内にある地元民が厳選した天然温泉 まとめ

京都市内にある地元民が厳選した天然温泉 まとめ

ということで、今回は京都市内にある天然温泉の銭湯やスーパー銭湯を紹介しました。

京都市内はさほど天然温泉が多くはないのですが、オススメできるのは今回紹介した銭湯やスーパー銭湯で、京都の地元の方に人気のある天然温泉施設ばかりです。

逆に観光客の方は多くありませんのでノンビリと過ごすには向いているでしょう。

なお洛西に「ホテル京都エミナース 竹の郷温泉」という天然温泉もあるのですが今回は省きました。というのも3年ほど前から少し泉質が変わっているからです。ただし駐車場も広く大きな温泉施設なのでオススメです。

これからの秋と冬の季節には天然温泉が体には嬉しい季節です。

ぜひ行ってみてください。


温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。