おふろカフェ ビバーク 9/10 熊谷で温泉施設が新規オープン

Sponsored Link

熊谷市に「おふろカフェ ビバーク」(bivouac)という新しい温泉施設が新規オープンするのが話題となっています。23時間営業のおふろcafeということで食事やお風呂が楽しめるのですが、テーマが「グランピング」ということでキャンプの雰囲気を楽しめる入浴施設ということです。

無料の泥パックがあるのが女子力高い我々には嬉しいですね!

おふろカフェ ビバーク 9/10 熊谷で温泉施設が新規オープン

おふろカフェ ビバーク(bivouac)が、2016年9月10日に埼玉県熊谷市に新規オープンします。

ここは23時間営業の入浴施設で、天然温泉ではありませんが、高濃度炭酸泉やサウナなどのある施設です。

ビバーク(bivouac)というのは、いわゆるキャンプのビバーク(bivouac)です。施設内にはテントやハンモックがあって、キャンプをテーマにした入浴施設と言えます。

(1)キャンプがテーマの入浴施設
(2)ボルダリングウォール(5m)
(3)テント
(4)ハンモック
(5)飲食ゾーン
(6)休憩所
(7)コミックコーナー(1万冊)
(8)Free Wi-Fi
(9)仮眠施設
(10)高濃度炭酸泉
(11)無料の泥パック
(12)自動ロウリュウ

施設は色々と盛りだくさんで、グランピングや無料の泥パックなど最近の傾向をおさえています。

また「自動ロウリュウ」というのは目新しいですね。

なお、営業時間は23時間とありますが、たぶん浴場の清掃が入ると思われます。

2016年6月30日に閉店した「サイタマ健康ランド」の跡地です。ここも宿泊ができる24時間営業のスパでした。

埼玉県熊谷市久保島939
入館料:1380円(朝風呂580円) ※(小学生未満は不可)
営業時間:10時~翌9時(23時間)
定休日:無休
URL:http://ofurocafe-bivouac.com/
Twitter:https://twitter.com/ofurocafe_bivo

プレオープンは9/8で入浴料無料


9/8に先行してプレオープンすると公式Twitterで告知されていました。(11時~20時)

それによると、招待券を印刷して持参すると2名まで入館・入浴が無料になるというイベントが告知されていました(小学生未満は不可)

入館料も1380円であることがわかりましたが小学生未満は入場できないそうです。地元の方で未就学児童がいらっしゃる場合は注意が必要ですね。


温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。