天翔の湯 京都の街中で湧き出した天然温泉

Sponsored Link

京都市内には3つの天然温泉銭湯があるのは、あまり知られていません。その3件の元湯は西京極にある「天翔の湯」という銭湯から湧いているのです。ぬる湯がここち良くて、夏に行くなら「天翔の湯」は大変おすすめできる天然温泉銭湯です。銭湯なので安いのに天然温泉が楽します。

この記事は、2013年11月30日に書かれた記事のリライト版です。

天然温泉 天翔の湯

天然温泉 天翔の湯」とは、京都では唯一の天然温泉が湧く銭湯です。

スーパー銭湯では天然温泉は珍しくないのですが、普通の銭湯で天然温泉が湧くのは京都市内でもここだけです。

観光ガイドなどでは、京都の銭湯というと「船岡温泉」がよく紹介されます。温泉担当である私は「船岡温泉」近くに住んでいたので、日々の入浴はココだったのですが、やっぱり天然温泉に入りたくて、「天翔の湯」と「金閣寺湯」に行くことも多かったです。

(1)天翔の湯
(2)金閣寺湯 ※天翔の湯の運び湯※
(3)弥生湯 ※天翔の湯の運び湯※

泉質はどちらも同じですが、天翔の湯は源泉かけ流しなので濃厚な元湯が楽しめます。

弥生湯と金閣寺湯はお湯を天翔の湯から運んでいますが、加熱循環なので若干薄いです。

京都旅行ブログさんとか、まとめブログでも、紹介されるのは「船岡温泉」ばかりですが、なぜ「天翔の湯」が紹介されないのかものすごく不思議です。

天然温泉 天翔の湯 外観

京都府京都市右京区西京極大門町18
営業時間:14時~25時
定休日:火曜
URL:http://tensyonoyu.web.fc2.com/

ぬる湯なので、夏にオススメの銭湯です


温度は低めですがよく温まります。

湯もちが良く、血行がよくなるのか、若干赤くなりますが、肌のハリが良くなり、シットリスベスベ感が入浴後に感じられました。

夏になると、温泉に行くのはいまいち億劫ですが、ここはぬるいので夏でもオススメできます。

泉質や設備など


天翔の湯

泉質は「塩化物泉」です。海水の30%程度の塩気がある茶褐色の温泉となっており大変温泉らしいです。塩化物泉なのでヌルヌルもスベスベもしませんが、良いお湯だと思います。

飲泉なので飲むことができます。

ふつうの銭湯なので、シャンプーなどの設置はありませんが、その分安くて2016年現在では430円が銭湯料金となっています。これは、どこの銭湯も同じ値段です。


関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。