スプリングひよし温泉 激安野菜も売ってる京都の温泉に行ってきた

Sponsored Link

今回は京都府南丹市にある温泉「スプリングひよし温泉」に行ってきました。京都の温泉で本当に役に立つ地元からの情報発信です。

この記事は初稿が2014/1/6の記事を2016/4に再訪問して取材したリニューアル記事です。

京都の温泉


ネットの地図で「温泉」と検索すると、大阪の温泉町が出てきてしまうのが関西ですが、「天然温泉」で検索するといくつかヒットします。

しかし、それでも出てこない温泉が京都市の比較的近くにあります。

それが「スプリングひよし」です。

この「スプリングひよし」ですが、実はなかなか楽しめる道の駅で、産直のお野菜も安く豊富に売っていて、さらにレストランでは「名物ダムカレー」を食べることができます。それでいて、天然温泉も湧いているという所なのです。

ひよし温泉(京都府南丹市)


京都の温泉 ひよし温泉

ひよし温泉」は京都府南丹市にある温泉です。

京都市内から比較的近い位置にあるので、車で行くのはさほど大変ではありません。

しかし、検索などではなかなかヒットしない温泉で、かつ「まとめサイト」などでも紹介されないのが、この「ひよし温泉」なのです。

「道の駅 スプリングひよし」の中にある温泉で、地元の方が多く利用する温泉でもあります。この京都府南丹市や隣接する京都市右京区というのは「温泉不毛地帯」で、この辺りで温泉に行くとなると、この「ひよし温泉」が候補に挙がります。

スプリングひよし 営業案内板

実際に行った感想(入浴や泉質など)


スプリングひよし外観

「道の駅 スプリングひよし」は、京都府南丹市にある道の駅で「日吉ダム」のすぐ隣にあるダムの見える道の駅です。

敷地内には「桂川」が流れており、夏には河原でバーベキューなどもできる施設です。

スプリングひよし 駐車場

駐車場も広く、地元の方々も多くいらっしゃいます。(地元の方は裏の駐車場を使っているので、表の駐車場は空いています)

バイクは奥の道路側に停める場所があります。前は別の場所で狭かったのですが、スペースが多くなっていました。

ひよし温泉 外観

道の駅の左手の橋の向こう側に「ひよし温泉」があります。

手前には桂川が流れており、それを渡るのに大きな橋を渡っていきます。この川は保津峡まで流れており、嵐山の桂川の上流域なのです。

ひよし温泉 内観

泉質は「ナトリウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性低温泉)」で、やや塩味がする海の香りがする温泉です。やや白濁した温泉ですが、この辺りは丹波地層があり「輝緑凝灰岩」などが含まれています。そのため、やや白濁した温泉となっています。

温泉は3億年前の古代地層からくみ上げられているもので、その時代は海の近くだったのかもしれません。

すぐ南は「亀岡盆地」がありますが、大昔は海だか巨大湖だったという説もあります。もともとは海に近い場所だったからでしょうか、山の上なのに泉質は「ナトリウム-塩化物泉」になっています。

月の湯

今回は「月の湯」の日でした。

毎日入れ替わりみたいですが、私が行く時は9割の確率で「月の湯」です。こちらには「ねころび湯」があります。

もうひとつ「陽の湯」というのがあって、そっちは「壺湯」があるのですが、構造はほぼ同じです。内湯はさほど広くありませんが、露天風呂は六畳くらいの広さがあります。

靴ロッカーの札表

入浴料は750円(会員は650円)です。数年前はだいぶ安くて500円とかでした。

この値段でプールも入れるようになっています。

靴ロッカーと脱衣所で100円リターン式のキーとなっているので、100円硬貨が2枚必要です。

なお、靴ロッカーのキーは受付ロビーで、上の写真の靴ロッカー番号表と交換しておきます。(紛失対策でしょう)

休憩所

一番奥に、畳の寝ころび処と100円マッサージチェアがあるのですが、使っている人を見たことはありません。

大概は入口近くのテレビのあるソファでニュース見るのが定番になっています。

私はいつも「美山牛乳」飲むのが定番になっています。

休憩所で飲む美山牛乳

ダムカレー スプリングひよし名物


ダムカレーのメニュー

「道の駅 スプリングひよし」は、温泉だけではありません。

レストランや産直市場などもある道の駅なのです。(足湯もあります)

今回は、名物「ダムカレー」のあるレストラン桂川で食事をしてきました。

レストラン桂川

レストランは景色がよく見えるテラス形式になっています。

テーブル席とお座敷席があるので、家族でもグループでも問題のない広さですが、平日なのでお客さんは少な目でした。(温泉には結構いました)

こちらの名物が「ダムカレー」です。

ダムカレー

お値段は850円(税込918円)です。

日吉ダムをイメージした地元産のお米は結構量があります。ルーはよくあるフードコートの感じのでした。

それに古代米を使った芝生公園に、美山平飼卵のゆでたまごが橋(ふれあい橋)になっています。

それに特製ダムカードがついており、マニアはこれを集めていると言います。

京都丹波黒豆プリン「極スイーツセット」 名物デザート


京都丹波黒豆プリン

もうひとつの名物が京都丹波黒豆プリン「極スイーツセット」です。

お値段は400円(税込432円)でした。

これは、美山平飼卵と丹波黒豆(特産品です!)を使ったプリンで、ほどよい甘みに黒豆風味のプリンとなっています。中にはシロップも入っていますが、甘すぎないので大人のプリン的なイメージです。

あと、美山牛乳のアイスもセットで出てきましたが、こちらは八つ橋がついていました。

先ほどから出てくる「美山平飼卵」というは「ひらがいたまご」と呼ばれており、ゲージの中の鶏ではなく、自然に放し飼いされているブランド鶏の卵のことです。

この卵は売っているところが少ないので、なかなか食べる機会がない卵です。(販売元はこちらです

産直野菜が激安!里の市


スプリングひよしの産直野菜

「道の駅 スプリングひよし」の楽しみのひとつが、産直野菜などが安く買えることです。

2016年4月時点で何が売られているのか紹介します。

京都・日吉町のタケノコ

3月頃からタケノコが旬ですが、京都はタケノコの産地でもあります。

これいくらだと思いますか?

大きいもので800円という激安なのです。

小さいもので100円です。

ただ、ちょっと皮が多いので、食べられる部分は少しだけです。

一緒にアク取り用の「米ぬか」がついています。あとは鷹の爪(中国産唐辛子)が100円で売っていますが、これもアク抜き用です。

茹でタケノコ

これを見ると欲しくなりますが、タケノコはアク取りが大変です。タケノコと米ぬかと鷹の爪を一緒に煮込んで2時間ほど沸騰させないといけません。

大きいのを茹でるにはバケツのような鍋が必要になるので、あまりご家庭ではおススメはできません。

上の写真は、100円で売っていた一番小さいタケノコを買って茹でたものです。ちょうど、一人分のタケノコご飯くらいの量がありました。

日吉町のイタドリ

イタドリが110円。

タラの芽が300円です。

安いですよねぇ~。

やっぱり、遠くの道の駅まで行くのだから、安くないと魅力というのはないわけです。いくら、田舎のものに憧れがある人がいてニーズがあっても、やっぱり田舎というのは安いから購買力があると言えます。

日吉町のクレソン

クレソンが1パックで120円です。

2016-04-23_194041

わらびは130円~200円でした。

昔は山に生えていたのを取って食べたものです。

京野菜 大黒本しめじ

京野菜認定「大黒本しめじ」は250gで540円でした。

これ、ものすごいコクがある本しめじで、人工栽培が松茸並みに難しいのですが、京丹波町では人工栽培に成功しているんです。「京丹波大黒本しめじ」の実食レビューもありますので、ご興味あったらご覧ください

こういったお野菜を見るのも、すごく楽しいもので、タケノコは観光客の目を引いていましたよ。

道の駅 スプリングひよし 行き方


道の駅「スプリングひよし」ですが、行き方は京都からでも亀岡の先の園部(南丹市)経由で行った方が良いです。特に車の場合はそうしてください。

我々は今回バイクで行っているので、京都市内から直で国道162号を使ってから裏道で行っているので早く着きましたが、車だと離合困難路線になります。特に、国道163号から日吉方面に行く国道477号は、2016年6月末まで崩落で通行止めになっています。

国道477号のう回路である府道363号は狭い山道が日吉町手前であるのでお勧めできません。

ちなみに、京都市内からだと嵐山で府道50号線が最短距離なのですが、断崖絶壁の離合不可能路線なので、車で行くとか無謀すぎます。

京都府南丹市日吉町中宮ノ向8
入浴料:750円(会員は650円)※このお値段でプールも使えます※
営業時間:10時~21:30
定休日:水曜
URL:http://www.springs-hiyoshi.co.jp/

宇津峡の絶景


宇津峡の絶景

近くには「宇津峡」があり、川沿いに細い道があります。

そこから見る景色が絶景なので、ドライブがてら通るという手はあります。

前述のように、国道477号が2016年6月末まで一部通行止めなのですが、このルート(以下地図)を迂回するルートが桂川沿いにあります。

日吉ダム


日吉ダム

もうひとつ、このあたりの観光名所が「日吉ダム」です。

道の駅「スプリング日吉」からでも見えますが、ダムセンターがあって、そこからの眺望は結構綺麗です。

写真は「日吉ダム・ビジター・センター」で撮影したものです。開いてるの見たことないですが、展望台は自由に出入りできます。

まとめ


実はこの温泉には数年前から何度も訪問しています。記事もすでに書いているのですが、情報が古くなってきたので再訪問して書かれています。

しかし、いつ行っても期待を裏切らない「スプリングひよし」という印象が強いです。

(1)道の駅でレストランや産直がある
(2)温泉が湧いており、このあたりでは唯一の温泉
(3)お野菜が激安
(4)名物ダムカレーが食べられる
(5)日吉ダムや宇津峡が絶景

などと、いろいろと楽しめる施設になっています。

皆さんも一度行ってみてはいかがですか?

桂川源流 最初の一滴を飲みに行く 京都秘境ハンター

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。