常滑温泉 マーゴの湯 イオンモール常滑 愛知 2015/12 新規オープン

Sponsored Link

常滑温泉マーゴの湯が2015年12月4日にオープンするようです。これは同日オープンの東海最大級の広さとなる「イオンモール常滑」の中にできる日帰り温泉施設です。まだオープン当日から営業するかは不明ですが、温泉ができるのは確かです。

場所は愛知県の中部国際空港セントレアに近い「りんくう町」です。

イオンモール常滑 愛知 2015/12/4 新規オープン

2015年12月4日9時に東海地方最大のイオンモール「イオンモール常滑」が新規オープンします。

そこに12の娯楽施設ができるのですが、どうやら日帰り温泉もできるとのことです。

日帰り温泉施設(常滑温泉マーゴの湯)
サーキット場(ワンダーフォレストきゅりお)
スケートリンク
180の専門店
12の娯楽施設
20万平方メートルの敷地
免税代行カウンター

常滑温泉 マーゴの湯 愛知 2015/12/4 新規オープン


2015-10-06_185711

「ワンダーフォレストきゅりお」というサーキットコースやバーベキュー会場などができる広場があるのですが、その資料にポツテンと「常滑温泉 マーゴの湯」という記述があります。

それによると「常滑温泉 マーゴの湯」には、草津の湯を再現した硫黄泉(人工温泉)な12種類の温泉ができるとあります。

入浴料や営業時間はまだ不明ですが、12/6までは全館9時~22時営業とのことです。それ以降は「ワンダーフォレストきゅりお」は10時~21時の営業となっています。

泉質は硫黄泉とありますが、これはどうやら人工温泉のようです。

草津の湯を再現した硫黄泉(人工温泉)
12種類の温泉
2つの露天風呂
館内着専用のリクライニングチェアゾーン(休憩処)

“極上の癒し処”をテーマに、常滑焼の壺湯や、草津の湯を再現した硫黄泉など12種類のほか、趣の異なる2つの露天風呂を満喫頂けます。
また、リクライニングチェアを配した館内着専用ゾーン、心も身体も癒すリラクゼーション、新鮮な地元食材使ったお食事処などもご用意し、地域の皆さまや知多半島へ観光でお立ち寄りの方はもちろん、周辺ホテルに滞在されている外国人観光客の皆さまにも、“日本のお風呂”をお楽しみ頂けます。

マーゴの湯を運営するのは、岐阜県関市でショッピングセンター「マーゴ」(MAGO)を経営するグループで、ここにはイオンのスーパーが入っているので、その関係で温浴事業を行っているようです。

常滑温泉 マーゴの湯 行き方

場所は、中部国際空港セントレアにも近い場所で、名鉄「りんくう常滑駅」がすぐ横にあります。

また、広大な駐車場もあるので行くのには困らないでしょう。

愛知県常滑市りんくう町2丁目
営業時間:9時~22時(~12/6)※以降は
URL:http://tokoname-aeonmall.com/

※画像は公式サイトより

他にもたくさん「新店オープン情報」がありますのでご覧ください。

その他の『銭湯・温泉』関連記事もまだまだたくさんあります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。