大正ろまん館 銀山十分一(山形県・銀山温泉)

Sponsored Link

2015年9月に銀山温泉の入り口にある十分一番所に新しく「銀山十分一・大正ろまん館」が新規オープンします。銀山温泉は大正ロマンがそのまま残る雰囲気の立派な温泉街です。大正ロマン館はレストランやお土産物が買える複合施設です。

現在、広い空き地(十分一番所跡地)に建物がほぼ出来上がっています。

銀山温泉(山形県)

銀山温泉は銀山温泉観光道路(羽州街道)沿いにあり、その入口には「十分一番所」という日本三大銀山と言われた延沢銀山の番所があります。

そこからさらに行くと鉱山町があり、現在は銀山温泉の温泉街として大正時代そのままの趣のある温泉街があります。

今でも大正時代の趣が残る温泉街は、絶景ともいわれ、人気のある温泉街です。

泉質は「ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)」で、硫化水素を含むやや塩味のする温泉です。ツルツルする感じではなく無色透明の温泉です。

銀山十分一 大正ろまん館(銀山温泉)

2015年9月に銀山温泉の入り口にある十分一番所跡地に新しく「銀山十分一・大正ろまん館」が新規オープンします。

「十分一番所」とは売り上げの1/10を税金徴収する場所です。

レストラン
菓子工房
地産特産品の販売コーナー

住所的には「上の畑焼陶芸センター」のある場所になります。

運営は「株式会社 明友」さんで、総務省の行っている「地域経済循環創造事業交付金」(5000万円)の融資を受けて建設しています。(総務省資料

山形県尾花沢市銀山新畑
営業時間:
定休日:

他にもたくさん「新店オープン情報」がありますのでご覧ください。

その他の『銭湯・温泉』関連記事もまだまだたくさんあります。

Sponsored Link


銀山温泉

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。