はり温泉らんど-天然温泉スーパー銭湯(奈良県奈良市)

Sponsored Link



道の駅針テラス内のスーパー銭湯[日帰り温泉]


2014-04-13_112608

道の駅針テラス内にあるスーパー銭湯[日帰り温泉]です。以前は「都祁温泉フィットネスバード」という名前でした。露天と内湯というシンプルな構成で広さもさほどありませんし、お湯も白湯に近いです。施設は第三セクターの雰囲気があります。

泉質:アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)


記載上は「ナトリウム・イオン系」とありましたが、アルカリ性単純温泉だと思います。無味無臭やや消毒臭で若干スベスベするお湯です。

料金:700円


700円です。普通のスーパー銭湯[日帰り温泉]だと思えば妥当な価格だと思います。

HISクーポンでたまに200円引きクーポンがあるようです。(期間注意、クーポンページは別途注意)

設備:普通


2014-06-22_112043

入り口から結構広い雰囲気になっています。まぁ、ド田舎ですから土地余ってますし。

2014-06-22_112155

第三セクターっぽい雰囲気で、貼り紙がなければ老人ホームみたいです。

2014-06-22_112356

洋服の移動販売は、こういう施設でよく見る光景です。ニーズがあるんでしょう。

2014-06-22_112542

ストレッチなどの運動施設も、こういった施設ではよく見かけます。

2014-06-22_112717

少しくたびれた感のある暖簾が入り口です。

2014-06-22_112812

脱衣所は広くて清潔でした。ロッカーも多いですが、人は3人くらい。

2014-06-22_112921

浴場は思ったより狭い感じです。
右手に12名程度使えるカランがあって、奥に内湯と水風呂。
左手前にサウナで、左奥の出入口から露天に行けます。

2014-06-22_113307

内湯です。お風呂は全部水流のあるタイプです。あまり好きじゃないです。

2014-06-22_113411

露天も水流のあるタイプです。

2014-04-13_112633

施設全体としては大きいのですが、お風呂自体は広くありません。内湯と露天風呂のみの構成です。脱衣場は広々しているのは好印象でした。化粧台はクシとドライヤーと簡素なものでした。

行き方


京都からは国道24号~国道25号で簡単なのですが、24号は大渋滞します。そして、25号は原付だと大変です。(一部原付禁止区間がある自動車専用道路です)

私はバイクを使って峠越えルートで行くことがほとんどです。

2014-01-16_173809
※Googleマップの仕様変更で独自ルートが貼り付けられないので画像で見てください。

京都の宇治から宇治川側道を通って、府道62号南下、笠置から国道369号を猛烈突破ルートです。(もうちょっと新しい道を通るマニアックなルートもあるのですが解説難しいです)

笠置の前後の62号と4号は林道で峠越えで離合困難です。

それ以外はほぼ快適で、369号にいたっては広いうえに車通りませんので快適すぎです。この辺は奈良の中でもとりわけゴルフ場が多い地域なので、道は整備されています。

もちろん、道以外になにもありません。

もし、奈良方面から行くなら県道80号を猛烈オススメします。

高円山ドライブウェーに向かう道ですが、すでにその向かう道自体がドライブウェー状態です。景色は最高、雨降ると最悪です(高所から大量の雨水が・・・)。

ただ、上のルートだと「奈良市立田原中学校」のところから県道47号南下の最短ルートになっていますが、ここは80号と47号の重複区間を通って、国道369号に出るほうが良いです。南下ルートは集落内を通るところが一部あって、そこで確実に迷います。

なお、このルート近辺にドライブウェイがありますが、ただのみすぼらしい山道と林道で、この辺では珍しくない道です。そこを高額の通行料を支払って通ったりしないでください。なにもありませんので。

【総合評価】★☆☆☆☆(再訪は難しい)


2014-04-13_112526

お湯はやや残念な印象です。この付近には良質な温泉があるのですが、ここは違うようです。


[browser-shot url=”http://osumituki.com/goodies/787.html” width=”100″]

「温泉・銭湯一式グッズ」はお風呂に行く時の必携グッズです。スーパー銭湯[日帰り温泉]に通いまくって実際に試行錯誤して決めた決定版です。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。