綱島源泉湯けむりの庄が2016/4/21新規オープン 横浜市港北区樽町

Sponsored Link

2016年と1年先ですが、綱島(横浜市港北区樽町)に「綱島源泉 湯けむりの庄」が新規オープンすると告知されました。2016年4月オープンのようです。こちらがネット最速記事になります。

この辺は「新綱島駅」で地下鉄工事が始まっており、開発が進んでいます。5/19には元々あった「綱島ラジウム温泉 東京園」などが地下鉄工事のために閉鎖しています。

追記:オープン日は2016年4月21日 9時で確定しました。

綱島源泉 湯けむりの庄が2016年4月に横浜市港北区樽町3丁目に新規オープン

23917_sVaOMQKdtF

6/22に「綱島源泉 湯けむりの庄」が2016年4月オープンであることが公表されました。(オープン日は2016年4月21日 9時で確定)

オープンは1年後ですが、すでに公式サイトとFacebookで情報を発信中です。

場所は公式サイトでは「神奈川県横浜市港北区樽町3丁目」とあるのですが、元々「綱島ラジウム温泉 東京園」があった場所が5/19付けで閉鎖して、6/18頃から解体工事を行っています。

場所は、そこだろうと推測していたのですが、「綱島ラジウム温泉 東京園」の住所は「神奈川県横浜市港北区綱島東1丁目8-11」と少し違い、鶴見川の北側の住所となっていました。

今回新規オープンする「綱島源泉 湯けむりの庄」は鶴見川の南側になります。

「綱島ラジウム温泉 東京園」の場所は、どうやら地下鉄工事(新綱島駅)の影響で5/20から4年間は地下鉄工事のために土地が使われるとのことで、「綱島ラジウム温泉 東京園」跡地にできるわけではなさそうです。

2015-06-23_232524

「神奈川県横浜市港北区樽町3丁目」の工事も別途調査中ですが、建設計画では「神奈川県横浜市港北区樽町3丁目7」までしか番地がわかりませんでした。(PDFの概要書

追記:住所は現地確認したところ、「神奈川県横浜市港北区樽町3丁目7番地60号付近」で「株式会社ヨロズ本社ビル」の奥であることがわかりました。

神奈川県横浜市港北区樽町3丁目7番地60号付近
入浴料:1200円(土日祝は1400円)※タオル・館内着込み
営業時間:
URL:http://yukemurinosato.com/tsunashima
Facebook

関東初の「路面型フィットネス付の複合型高級日帰り温泉施設」


23917_tiFqoHclHy

リリース資料には、関東初の「路面型フィットネス付の複合型高級日帰り温泉施設」とありました。

「路面型」というのは、ロード店みたいな意味合いで街道沿いにあるという意味だと思われますが、普通そうだろという気もします。

泉質


ナトリウム炭酸水素塩泉(美人の湯)とありました。やや、塩分を含む炭酸水素泉は三重県の「タートル温泉」があります。たいへん、ヌルヌルする特徴があります。そのため「美人の湯」と呼ばれています。

泉質は期待大です。

追記:日本初の天然温泉を使った高濃度炭酸泉」があると言っている紹介もあるようですが、琵琶湖にある「おごと温泉 あがりゃんせ」にはだいぶ前から天然温泉の炭酸泉があるので、「高濃度」が初なのでしょう。(滋賀県の「あがりゃんせ」レポートはこちらです

施設


23917_vIlJkWwgKx

施設にはリクライニングエリアがあるようです。ただし、座席数は105席とややエリア規模的に少ない可能性があります。

フィットネスエリア「PRIME fitness&spa」
204席のレストラン
105席のリクライニングエリア

料金や施設の作り方、館内着やタオル込みなど滋賀県の「おごと温泉 あがりゃんせ」の小さい版みたいな施設になりそうです。滋賀県の「あがりゃんせ」レポートはこちらです

その他の『銭湯・温泉』関連記事もまだまだたくさんあります。

画像はリリース資料より

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。