【ホテルゆめのゆ】なんと全室「天然温泉」付きの格安ビジネスホテルが登場!(石川県金沢市)

Sponsored Link

新幹線開業で賑わっている北陸・金沢に、とんでもないビッグなホテルが登場します。なんと、ホテルの洋室すべてに「天然温泉」が付いているというのです。

それが、2015年3月14日(土)新規オープンの「天然温泉・健康ランド 金沢ゆめのゆ」に併設されるという「★ホテルゆめのゆ★」です。お値段もお手軽なので、春休みには冬の金沢旅行もいいと思います。学生さんとかコストを抑えたい観光旅行に使えそうです。

yumenoyu

2015年3月14日(土)新規オープンの「ホテルゆめのゆ」


2015-02-25_004225

2015年3月14日(土)新規オープンの「ホテルゆめのゆ」は、もともとあった「天然温泉・健康ランド 金沢ゆめのゆ」(2007年11月29日オープン)に新しく併設されるビジネスホテルです。

シングルで1泊6000円のお値段の中にスーパー銭湯の入館料が含まれる上に、洋室全室に「天然温泉バス」が付いているという素晴らしさです。「個室天然温泉ユニットバス」です。当然、無線LAN完備(洋室のみ)です。つまり、温泉と無線LANは洋室に泊まるとあります。洋室はシングル・ツインです。

シングル 6000円(1名利用)
ツイン 9000円(1名利用)
ツイン 14000円(2名利用)

Sponsored Link

2015-02-25_004605

2015-02-25_004047

6000円だと食事などはついていない素泊まりですが、温泉ついているなら十分です。食べ物はスーパー銭湯内に広いお食事処があって、和食・洋食・寿司・刺身・ラーメン・うどんからビールなどからインドカレーさらにさらに焼肉まであります。それも、宴会もできる施設も併設されています。

というのも、この「天然温泉・健康ランド 金沢ゆめのゆ」24時間営業・広い仮眠室(全席テレビ付リクライニングシート)などやゲームコーナーにカラオケそして麻雀専用室(笑)まであるものすごい施設なのです。

なお、朝食付プランや夕食付プランもあります。

2015-02-25_005856

朝食 +800円
夕食 +1800円
朝夕 +2600円

はっきりいって安いです。

朝食はビッフェ形式、夕食はスーパー銭湯の食事処で使える2,000円分のチケットだそうです。館内で食べるなら少しお得ですね。

石川県金沢市藤江南3-26
URL:http://www.yumenoyu.net/
詳細情報ページ

超ハイレベルの巨大健康ランド「天然温泉・健康ランド 金沢ゆめのゆ」


2015-02-25_003901

この「天然温泉・健康ランド 金沢ゆめのゆ」というのが、24時間営業の家族で楽しめるレジャー施設でもあります。

2015-02-25_003802

全席専用テレビ付リクライニングシートのある広い仮眠室
ヒーリングコーナーという畳敷きの休憩スペース
カラオケルーム
カラオケスナック
おみやげ処
ゲームコーナー
娯楽室という名の全自動麻雀卓のある雀荘

2015-02-25_003706

和食
洋食
寿司
刺身
ラーメン
うどん
アルコール類
インドカレー
焼肉

泉質は「ナトリウム一塩化物泉」です。いわゆる「金の湯」とか「熱の湯」と呼ばれるタイプで、発汗作用が高く、温まりやすく冷めにくい泉質です。

石川県金沢市藤江南3-26
入浴料:600円(4時間、シャンプー、歯ブラシ、ひげそり付き)、1050円(時間制限なし、貸館内着、タオルセット、シャンプー、歯ブラシ、ひげそり付き)、深夜時間帯3時から11時までは+1050円必要。
営業時間:24時間
駐車場:1400台無料
URL:http://www.yumenoyu.net/

こんなスゴイ感じのホテルは予約が取れるのか?!

3/14(土)のオープン日に大人1名のシングルで見た結果・・・・

2015-02-25_010411

空きまくりです!

金沢駅からは2キロくらいです。

Sponsored Link

2015-02-25_004605

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。