花の里温泉山水館 摂津峡渓流の露天風呂レビュー(大阪府高槻市)

Sponsored Link



天然温泉の旅館が日帰り利用できる


2014-05-17_190004

こちらは、オススメ温泉一覧にもある「美人湯 祥風苑」の本店「山水館」になります。

本格的な温泉旅館で、渓流の脇にあり景色もかなりのものです。
露天風呂は渓流を眺める最高の位置にあります。

大阪 高槻摂津峡の温泉旅館 花の里温泉【山水館】 公式HP
http://www.sansuikan.com/

2014-05-17_190312

泉質:ラドンを含むアルカリ単純泉


2014-05-17_190527

いわゆる単純泉です。ラドン含むとなっていますが、この辺ではこのパターンはありえますが、あえて書かないことが多いようです。

すぐ近くにある姉妹店の美人湯 祥風苑の方は、アルカリ性ナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)なのでヌルヌルするのですが、本店のお湯はヌルヌルはしません。

また、公式HPでは「露天風呂は重曹泉」との記載があるのですが、お湯は内湯と同じものでした。まちがっても露天は重曹泉ではありませんでした。

料金:1400円


1400円です。
温泉旅館で、かつ旅館の浴場にしては随分と凝っているので、この値段は妥当かもしれません。

別途貸切温泉もあります。

設備:豪華


2014-05-17_190445

旅館なので豪華です。中には渓流脇の喫茶エリアもあります。私が行った時は、入るのに30分待ちでした。別に混んでたわけではなく、なにかの整備みたいなようでした。

しばし、渓流の川床でアイスコーヒーを飲みました。

2014-05-17_190251

お客は男性で5名くらいでしたでしょうか。

2014-05-17_190549

脱衣場も清潔で結構でした。
ベランダに喫煙所があったのが嬉しいですね。

2014-05-17_190734

2014-05-17_190808

お風呂は岩石風呂でした。

2014-05-17_190527

浅めのお風呂で結構広くてごきげんです。
こちらは内湯なのですが、奥の扉の先に渓流が見える露天風呂があります。そちらはたいぶ狭いです。

行き方


京都からは国道171号を大阪方面に向かい、府道6号を北上です。このルートならほぼまっすぐでわかりやすいです。

これ以外のルートだと、高槻の住宅街は迷路なので止めたほうがいいです。

ただ、わかりづらいのが高槻市立青少年キャンプ場に入った先なんです。ここで、道がわからなくなっている車が多数見受けられました。

実は、このキャンプ場に入ったところで「車立ち入り禁止」みたいな看板がある細い道が右方面にあるんです。ここを入らないと行けないのです。

近くで確認したら「みなさん花の里温泉に行く場合は入っちゃってますよ」とのことでした。細い道ですが、渓流脇の林道みたいな感じで(離合困難)、その行き止まりに花の里温泉がありました。

【総合評価】★★☆☆☆(近くならたまに通いたい)


お湯はやや残念でしたが、設備は温泉宿なので文句のないものでした。

でも、ここまできたら、私は「美人湯 祥風苑」に行きます。


[browser-shot url=”http://osumituki.com/goodies/787.html” width=”100″]

「温泉・銭湯一式グッズ」はお風呂に行く時の必携グッズです。スーパー銭湯[日帰り温泉]に通いまくって実際に試行錯誤して決めた決定版です。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。