【新規オープン】12/30、吟湯湯治聚楽-スーパー銭湯(兵庫県神戸市北区上津台、仮名称時:神津林湯治聚楽 吟湯)

Sponsored Link

二ヶ月くらい前から調べていたのですが、未だにハッキリしないスーパー銭湯があります。神戸市北区に12月中にオープンすると今年初頭くらいから話のあっったスーパー銭湯「吟湯湯治聚楽」です。

雑誌情報では、12月中旬にオープンとなっていましたが、ネット情報では「12月25日オープン ?」としか流れていません。

2/30、吟湯湯治聚楽-スーパー銭湯が新規オープン


12/26 正午時点で、ホームページもなく、Twitterでも「行った」という話がありません。12/29、公式サイトが公開されました。

追加情報あり
※15時に情報追記しましたオープンは12/30確定です(ページ最後参照)

スーパー銭湯「吟湯湯治聚楽」の場所は?(12/26正午までの情報)

場所についても、はっきりしていません。神戸電鉄三田線「神鉄道場駅」から「イオンモール神戸北」に神姫バスで行くらしいことまではわかっています。

  • 兵庫県神戸市北区上津台
  • イオンモール神戸北の近くだが、歩くと少しかかる
  • イオンモールより西側との情報もある
  • イオンモールより東側との情報もある
  • 神戸電鉄三田線「神鉄道場駅」からイオンモール行きに乗り、イオンモールひとつ手前の神姫バスのバス停前らしい
  • イオンモールひとつ手前のバス停前は「スターバックスコーヒー 神戸上津台店」の前くらいしかない(イオンモールより東側)
  • しかし、イオンモール西にも「スターバックスコーヒー神戸三田プレミアム・アウトレット店」というのがある(イオンモールより西側)
  • 12/25オープンしたとの情報もある

正直、ここまで情報が漏れてこない新オープンもなかなかありません。

名古屋の12/26オープンの「キャナルリゾート」なんかは、名古屋で大きくテレビで取り上げられるは、Twitterは大騒ぎだわと大盛り上がりなのに、神戸北では「有馬温泉」などもある温泉地帯であることから騒がれないのかもしれません。

で、可能性としては、イオンモールより東側にある「スターバックス」の隣の空き地(商業予定地)である可能性は高いです。ただ、そこには「ヤマダ電機」ができる予定なので、その周辺かもしれません。

兵庫県神戸市北区上津台9丁目2−13

しつこいようですが、本当にスーパー銭湯「吟湯湯治聚楽」の場所はどこなの?(12/26正午までの情報)


前振りで「わかんねぇ」としておいて、からの「住所公開」ですが、我々は意固地になってガムシャラに採掘場所を探し、さらに「建築計画書」入手にまで手を染め、以下のように住所特定することができました。

上の写真は2013年9月データですが、2013年12月から温泉を掘っているという話で、時期は若干早いのですが、なにやら工事している様子も見えます。で、以下が住所です。

兵庫県神戸市北区上津台5丁目5−9
営業時間:10時から23時
駐車場:250台

下の地図は2014年のようで、現地では土台をつくっている様子がわかります。

ともかく、↑ ネット情報で探ってた場所と全然違いましたが、住所は確定です。

吟湯湯治聚楽の経営はどこか?


建築計画には「ホテルロイヤルヒル福知山」とありました。

福知山方面では有名なホテルです。我々もまっく知らないわけでもありませんが、まさかの「ホテルロイヤルヒル福知山」でした。

京都府福知山市字土師小字澤居山176
URL:http://www.royalhill-fukuchiyama.com/

.

追記:吟湯湯治聚楽は12/30にオープン!料金などの情報(12/26、15時の追加情報)


この記事を公開後、追加で情報が出てきたので掲載します。

オープン日は「12/30オープン」となります。

兵庫県神戸市北区上津台5丁目5−1号
営業時間:10時から23時(受付:22:30まで)
入浴料金:850円(大人)、400円(小人、3歳以上)
岩盤浴料金:650円
駐車場:240台

追記:公式サイトは?(12/26、15時の追加情報)


公式サイトは「http://www.tojishuraku.com/」と思われます。まだ、確定ではなく推測ですが、12/26の15時時点で、サーバにドメイン割り当ては済んでおり、ファイルなどがなく、サイト自体は存在しませんが、福知山の業者が、それと思われるドメインを申請していました。

サーバは「ロリポップ」になっています。よほど人が来ないHPなら良いのですが、スーパー銭湯の公式HPで「ロリポップサーバ」は貧弱すぎます。ただ、最近料金高めの豪華コースが追加されたので、それかもしれません。なお、ロリポップの安いコースだと人気サイトなどの運営は絶対に無理です。転送量の制限が少ないためです。公式サイトだったら、そこそこのアクセスは見込んでおくべきなので、コースにもよりますが、一気に人が訪問するとサーバ落ちする可能性がありそうです。(補足:このブログで1日約2万PV程度あります。多いと6万PVくらいなのですが、それだとサーバ落ちます。ロリポップの安いサーバは転送量がもっと少ないので、1日約2万PVあると落ちるのではないかと思われます)

ドメイン申請者は福知山の料亭を経営する「株式会社 サンプラザ万助」という会社です。

京都府福知山市篠尾新町3丁目88(きょうとふふくちやましさそおしんまち)
URL:http://www.mansuke.co.jp/

料亭とはなっていますが、冠婚葬祭を行う総合業者で、会場やケータリングなどを一括で請け負う会社です。地方には、こういうのがひとつは必ずありますね。

先ほど、温泉の建築計画に「ホテルロイヤルヒル福知山」が出てきたと書いていますが、ドメイン申請者も福知山の業者なので、ドメインも「http://www.tojishuraku.com/」で確定かなと思います。「サンプラザ万助」さんが広告代理業務もやっているので、同じ福知山ということで発注したんじゃないかなぁと推測しています。

違ったら、すみません(笑)

Registry Registrant ID:
Registrant Name: takaya maruyama
Registrant Organization: sunplaza mansuke. corporation
Registrant Street1: 3-88 Sasoshinmachi
Registrant Street2:
Registrant City: Fukuchiyama-shi
Registrant State/Province: Kyoto
Registrant Postal Code: 6200055
Registrant Country: JP
Registrant Phone: +81.81773238858
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax:
Registrant Fax Ext:
Registrant Email: u-create@mansuke.co.jp

追記:泉質(12/26、15時の追加情報)


泉質は「アルカリ性単純温泉」だと分かりました。

pH値にもよりますが、ヌルヌルするかしないかだけのお湯です。特に効能的なものは、あまりない泉質です。

なお、こう書いていますが、私(温泉担当)が一番大好きな泉質です。

おすすめ日帰り温泉記事の一覧にある「ハイジの家」も同じ泉質なのですが、pH値が10以上あると、かなりヌルヌル度が高くなります。また、誰でも違和感なく入れるというのも良い点です。塩化物泉だと痛くて入れない方もいるからです。

ちなみに、pH7とかだとただの水です(笑)

追記:設備(12/26、15時の追加情報)


建物は、黒色の和風建築で高級感がある建物ということです。

設備は一般的ですが、内装も最近流行りの黒を基調とした和風で、落ち着く感じに仕上がっているようです。

設備
露天檜風呂
壺風呂
内湯
岩盤浴スペース
サウナ
レストラン・カフェ

露天風呂が、結構大きいのですが、檜風呂になっているのが、珍しいです。

追記:公式サイトオープン!(12/29、16時の追加情報)


上で書いた「http://www.tojishuraku.com/」ですが、やはり公式サイトだったようで、12/29に確認したところ、ファイルがアップロードされており、公式サイトもオープンしていました。

なんと「吟湯湯治聚楽」の読み方は・・・・

「ぎんゆとうじしゅらく」ではなく

「ぎんとうとうじしゅうらく」でした。

正式名称は・・・・


結局、正式名称は以下のとおり、我々凡人には読めない漢字でした。

天然湧湯 吟湯湯治聚楽(てんねんゆうとう ぎんとうとうじしゅうらく)

写真というか、イラストが掲載されており、見る感じではまぁまぁ広い様子です。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。