【カピバラ温泉2014冬】2014年冬開催の「カピバラ温泉」開催施設を調べてみました(カピバラ露天風呂)

Sponsored Link


2014年冬、今年も「カピバラ温泉」を展示する施設が出てくる時期となりました。

2014-11-03_120501

「カピバラ温泉」とは、温泉大好きな動物「カピバラ」が温泉に入る姿を見るというイベントです。(笑)

ということで、2014年ですでに始めているところを調査してみました。

カピバラ温泉:須坂市動物園(長野県須坂市)


今年も「須坂市動物園」では、11月1日~3月31日の期間で「カピバラ温泉」がオープンしました。

須坂市動物園
長野県須坂市臥竜2丁目4-8
営業時間:午前9時~16:45
公式告知
http://www.city.suzaka.nagano.jp/enjoy/kankou/suzakazoo/

カピバラ温泉:那須どうぶつ王国(栃木県那須郡)


ここは、カピバラ温泉の様子を足湯で楽しめる施設です。すでに今年も始まっていました。

2014-11-03_121352

那須どうぶつ王国
栃木県那須郡那須町大字大島1042-1
http://www.nasu-oukoku.com/index.html

カピバラ温泉:伊豆シャボテン公園(静岡県伊東市)


ここはいつもやっていると思いますが、11月に「カピバラ露天風呂」がリニューアルになります。

2014-11-03_122205

伊豆の別荘地内で、洒落たお店もあるエリアなので(草のみの山「大室山」の隣り)、観光がてらに行ける場所です。

伊豆シャボテン公園
静岡県伊東市富戸1317-13
http://izushaboten.com/

カピバラ温泉:IZU・WORLD みんなのHawaiians(静岡県伊豆の国市)


こちらも恒常的にやってますが、源泉かけ流し美カピの湯に浸かるカピバラを見ることができます。

2014-11-03_123257

IZU・WORLD みんなのHawaiians
静岡県伊豆の国市田京195-2
http://www.izu-hawaiians.com/

カピバラ温泉:万力公園(山梨県山梨市)


11月の冬限定でカピバラ温泉を行っています。ほんわかするカピバラを見ることができます。(土日祝)

近くには普通に温泉の多い地域ですね。

2014-11-03_123910

万力公園
山梨県山梨市万力1828
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/sight/tour/park/fureai.html

カピバラ温泉:姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)


「だらけの湯」に浸かるカピバラとふれあうことができる「ウォーキングサファリ」があります。

2014-11-03_125037

姫路セントラルパーク
兵庫県姫路市豊富町神谷1436-1
http://www.central-park.co.jp/safari/walking/

カピバラ温泉:長崎バイオパーク(長崎県西海市)


12/1からの開催となりますが、12時から15時くらいに「カピバラの露天風呂」というイベントを行っています。

2014-11-03_125719

実際に触れるくらいに近いところで温泉に入っており、別売りのエサをあげることができるなど、楽しめる動物園になっています。

2014-11-03_125742

長崎バイオパーク
長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
http://www.biopark.co.jp/activity/rotenburo/

カピバラ温泉:阿蘇ファームランド「まなびの森」(熊本県阿蘇郡)


阿蘇ファームランドは人が温泉に入る施設ですが、「まなびの森」にふれあい動物王国というのがあって、そこにカピバラ温泉があります。

2014-11-03_130649

日本最大級!2000坪もの大庭園露天風呂「阿蘇健康火山風呂」などもあるので、そっち目的ですかね(笑)

阿蘇ファームランド
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5579-3
http://www.asofarmland.co.jp/exercise/manabi/index.php

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。