ロジクールヘッドセット H600 ペアリングできない不具合

長年愛用している「ロジクールヘッドセットH600」を買い替えたので実機レビューしておきます。今回は2年使ったH600が故障して急に音が出なくなり、ペアリングもできなったための買い替えでした。

4年近く使って、3回目くらいの買い替えですが初めてレビューします。

広告

H600 ロジクールヘッドセット


H600 ロジクールヘッドセット

H600 ロジクールヘッドセット

ここ2年ほど使っていたロジクールヘッドセット「H600」が音が出ないし、ペアリングも出来ないので、原因を探っていたのですが、USB通信機の方が壊れていたので新品を購入しました。

実売4000円程度で、2.4Mhz帯を使うワイヤレスヘッドセットです。(非Bluetooth)

2012年頃にロジクールが発売開始
実売4000円程度
2.4Mhz帯を使うワイヤレス通信
非Bluetooth通信

ロジクールワイヤレスヘッドセットの種類


ロジクールワイヤレスヘッドセットの種類

ロジクールワイヤレスヘッドセットの種類

H600」はロジクールのワイヤレスヘッドセットでは下位商品です。

しかし、お手頃価格な軽量の商品として、この商品は気に入っています。

種類としては「H600」と「H800」が実売されており、違いは「音質」の違いと「Bluetooth通信」への対応可否のみです。

広告


H600

良い点1:ヘッドセットが耳を覆わないので肌荒れしない


ロジクールヘッドセッ H600

ロジクールヘッドセッ H600

昨今のゲーミングデバイスとしてのヘッドセットは耳全体を覆うものが主流ですが、このデザインにはひとつ問題があります。

それが、耳たぶの肌荒れです。

長時間パッドが耳たぶに当たっていると、汗などでふやけて肌荒れの原因になります。

耳たぶの上が肌荒れないデザイン

耳たぶの上が肌荒れないデザイン

これが悪化すると膿んでしまい、私は2年以上完治しないことがありました。

ロジクールヘッドセット「H600」は、この分にイヤーパッドが当たらないので肌荒れにならないデザインとなっているところがいつも使っている理由のひとつです。

良い点2:ワイヤレスが便利


ワイヤレスが便利

ワイヤレスが便利

もうひとつロジクールヘッドセット「H600」がオススメできる理由は「ワイヤレス」であることです。

それも「Bluetooth」ではなく「2.4MHz帯通信」なので、遅延や都度のペアリングも不要です。

「Bluetooth」は面倒な通信規格で、PCの性能やドライバ品質によって音質などにも大きな違いがあります。

こういった商品でヘッドセットを選ぶなら「非Bluetoothのワイヤレス製品」を選ぶのがベストチョイスです。

H600 で音が出ない場合


ペアリングが必要な場合があります

ペアリングが必要な場合があります

さて、この「H600」で度々問題になるのがペアリングの方法が記載されていないということです。

商品開封時に、USBレシーバーをパソコンに差し込むと「音が出る場合・出ない場合」の両方があります。

過去、複数回買い替えているのですが、すぐに使える状態にならず「ペアリング」が必要な場合がありました。

H600 ペアリング方法


Headset Pairing Utility

Headset Pairing Utility

純正の「Headset Pairing Utility」というユーティリティを使ってペアリングすることができます。

音量アップとマイクミュートを押し続けます

音量アップとマイクミュートを押し続けます

音量アップとマイクミュートを押し続けるとペアリングモードで、緑のランプが高速点滅します。

その状態でユーティリティをペアリングモードにすると接続が完了します。

接続完了

接続完了

接続完了まで数秒ほどかかります。

もし、これがタイムアウトになるならレシーバーが壊れている可能性もしくは干渉の可能性が高いです。

ペアリングできない不具合


ロジクールヘッドセット H600」で、どうしてもペアリングできない場合は以下を試してみてください。

私はこれで「ペアリング」はできるようになりました。

・レシーバーをUSB2.0(黒色)に接続する

これまでUSB3.0(青色)への接続で何も問題はなかったのですが、Windows10の4月末頃のアップデートを境に「音が出なくなる」「ペアリングできない」という不具合が続きました。

新品を購入して、一時解消されたのですが、Windows10の5月10日のアップデートをすると、ヘッドセットの電源を落としたりすると再ペアリングが必要だったり、その再ペアリングが出来ない場合もあるなどの不具合が再発しました。

しかし、レシーバーをUSB2.0(黒色)に接続したところ「ペアリング」は成功するようになっています。

ただし、電源を落とすと再ペアリングが必要というのは変わりませんでした。

ロジクールヘッドセットH600 まとめ


H600は安くて使いやすいのでオススメです

H600は安くて使いやすいのでオススメです

最近頻発している不具合さえなければ、H600は安くて使いやすいのでオススメですが、ひとつだけ不満があります。

それは「マイク」をミュートできる機能がボタンだけという点です。

これはマイク部分の駆動の上げ下げでミュートのON/OFFが可能になっている方が断然便利なので、そうなっていない点だけが不満です。

しかし、それ以外ではハイコストパフォーマンスの商品であるのは確実です。

広告


H600

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。