Windows10でネット回線高速化を試した結果

Sponsored Link

2015年8月、日本でも「Windows10」へのアップグレードが出来るようになったのでアップグレードして、ネット回線高速化の方法を検証してみました。

結論からいって、Windows10では既存のネット回線高速化は必要がないという結果となりました。

なお、今回はモバイル回線で検証しています。

【Win10】MSI S20でWindows10アップグレード

Windows10でネット回線を高速化する方法


2015-08-02_150617

2013年に「Windows8でネット回線を高速化する方法」という記事を書きました。その方法は長く使われ、実績のあるネット高速化手法で、Windows8までなら回線速度が数倍高速化される方法でした。

(1)TcpAckFrequency(ACK)を設定する
(2)HTTP 1.0とHTTP 1.1の同時接続要求を設定する
(3)RWINは自動チューニングで使う

レジストリエディタ(regedit)の起動方法


2015-08-02_151625

まず、レジストリエディタ(regedit)の起動方法のおさらいです。

2015-08-02_151557

「マイコンピュータ」から、OSのあるドライブをクリックした状態で、メニュー「ファイル」から「コマンドプロンプトを開く」を使います。

管理者権限でやっておけばとりあえず問題ありません。

2015-08-02_151912

この「コマンドプロンプト」で「regedit」と入力してエンターキーを押すことで、レジストリエディタ(regedit)が起動します。

Win10でTcpAckFrequency(ACK)を設定する


2015-08-02_152806

レジストリエディタで以下のアドレスを探します。「ネットワークアダプタID」は各々異なりますが、複数ありますので、その中から「192.168.*.*のアドレスがあるアダプタID」を探してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥Tcpip¥Parameters¥Interfaces¥ネットワークアダプタID

そのアダプタIDの中に、「TcpAckFrequency」を右クリックでDWORD32で作成して、設定は16進数で「1」にすることで、ネットワークアクセスには一定のディレイ(遅延)を減らすことができ、Ping速度が1/2程度まで速くなります。

しかし、Windows10のPCをリカバリして、設定しようとしたところ「TcpAckFrequency」が元から存在していました。デフォルトで設定されているようです。

<変更前>
2015-08-02_144415

<変更後>
2015-08-02_145002

ただ、これについては使用回線や地域によって、どんなに頑張っても限度があったりします。

HTTP 1.0とHTTP 1.1の同時接続要求を増加させる


2015-08-02_152520

これは、以前にブラウザの同時接続が制限された時に、それを増やす方法として使われていたものです。

HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Internet Settings

「MaxConnectionsPerServer」をDWORD32で作成。設定は10進数で「16」に設定。
「MaxConnectionsPer1_0Server」をDWORD32で作成。設定は10進数で「8」に設定。

注意:上の後者は「1」と「_」(アンダーバー)と「0」(ゼロ)が入っています。

しかし、Windows10で設定後にスピードテストで複数回測定してみましたが、速度に変化はありませんでした。

<変更前>
2015-08-02_145320

<変更後>
2015-08-02_145759

RWINを自動チューニングに設定する方法


2015-08-02_151625

これは、過去「RWIN」に自動チューニング機能が搭載された時に使われた方法ですが、これはたぶん今でもデフォルトになっているように思います。

先ほどの「コマンドプロンプト」で以下のコマンドを入力して、エンターキーを押すだけです。

netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

念のため設定してみましたが、Windows10では特に回線速度に変化はありませんでした。

結論(検証結果)


「Windows8.1」(非チューニング)から、「Windows10」にアップグレードしただけで、OSそのものが軽く動作も軽くなっていました。

「Windows10」は軽い動作をするOSで、「Windows8.1」をチューニングしたのと変わりない操作性がありました。

そのため、これまで行って効果のあった「ネット回線高速化」は不要だと思われ、むしろ措置することで、厳密には若干数値が悪くなっていました。

今回の検証マシン


Sponsored Link


【Amazon.co.jp限定】 MSI Sシリーズ スライダーPC S20 ブラック (11.6インチ IPS液晶1920×1080 10点マルチタッチ対応 /Intel Celeron 2957U/4GB/128GB SSD/Win8.1) コンバーチブル ノートPC S20 4MSLIDER2-040JP

今回は「MSI S20」で検証を行いました。

パソコンの性能によっても、回線速度の数値は増減しますので、今回の数値は「MSI S20」にモバイル回線での検証であることは、あらかじめご了承ください。

「MSI S20」の実機レビュー記事もあります。

Sponsored Link



WiMAX2+ 3日3GB制限が2015年11月から緩和された?

軽いセキュリティソフトを使う


Sponsored Link



セキュリティ対策ソフトというのは、とにかく重いです。

しかし、最近はウイルスも巧妙なので、なんらかしら導入する必要があるのですが、無料版はメールやフィッシングサイトに対応していない場合があります。

そこで、有料ですが、今一番軽く、一番強固だと定番になっている「ESET パーソナル セキュリティ」がおすすめです。(大変お安いです)

2015年8月31日までWindows10発売記念で「ESET パーソナル セキュリティ」の3年分が3240円(税込)でダウンロード販売されています。

できれば、スマホ用でも使えるように5台ライセンスのファミリー版が良いでしょう。値段も少し高いだけです。

最近のウイルス対策ソフトでは一番強力かつ一番軽い定番ソフトです。

こちらでダウンロード販売しています。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。