【レビュー】iWorkクラウド版「iWork for iCloud」ベータ版がWindowsでも2/16から利用可能

Sponsored Link


2/16からAppleは、Officeソフト「iWork」のクラウド版を無償公開しています。(ベータ版)

これは、統合型ビジネスソフトでマイクロソフトで言えば「Microsoft Office」のようなもので、Googleで言えば「Google Docs」のようなものです。

今回の公開により、Mac OS/iOS以外のWindowsやAndroid からでも利用できるようになりました。

iWork for iCloud(ベータ版)について


2015-02-17_114617

URL: http://www.apple.com/iwork-for-icloud/

「iWork」は「Microsoft Office」のMac OS版と言えばわかりやすいのかもしれませんが、むしろ「わかりやすい Microsoft Office」と言った方が良いかもしれません。

「Microsoft Office」よりも軽く・シンプルで・わかりやすいというのがセールスポイントです。「Microsoft Works」みたいなものだよというとわかりやすいのかもしれませんが、「Microsoft Works」知っている方も少なくなっていると思います。

サインインには「Apple ID」が必要


2015-02-17_115833

「iWork for iCloud」の利用には「Apple ID」が必要となります。ここでアンドロイドユーザーには敷居が高くなります(笑)

そこで「Googleドライブ」から、古いIDを引っ張りだしてきました。なにか違う気もしますが。

iCloudの中に「iWork for iCloud」アプリが追加されている


2015-02-17_120509

アクセスすると「iCloud」のメニュー画面に入ります。そこにはわかりやすいメニューが並んでいます。こういうところは、マイクロソフトもGoogleも見習ってもらいたいです。

2015-02-17_120654

そのメニューの中に3つのアプリが「beta」と書かれて存在しています。

Pages ワードプロセッサ
Numbers 表計算
Keynote プレゼンテーション

「iCloud Drive」使用が前提


2015-02-17_121212

「iCloud Drive」へのアップグレードを促されました。

こういったAppleのクラウドアプリは「iCloud Drive」にデータ保存されます。デスクトップからもデータフォルダを使える「Windows 用 iCloud」というソフトも別途あります。

「あとで」では使えませんので「アップグレード」を選びます。

iWork for iCloud「Pages」


2015-02-17_121730

色々と付箋紙っぽく「ツアー内容」が書かれています。最初はこうなっているとわかりやすいです。さすが「Apple」は我々○カに優しい企業です。

2015-02-17_121950

次に「テンプレート」の選択です。「Microsoft Office」にもありますが、それよりもわかりやすい気がします。この辺はかつての「Microsoft Works」もそうだったのですが、ユーザーフレンドリーだと思います。

2015-02-17_122546

カッコイイです。

まるで、「Microsoft Office」の印刷画面みたいです。

いや、使うものだけ効率的に並んでいるインターフェイスです(笑)

2015-02-17_122902

テンプレートの文章は、範囲選択は全文選択されるようになっていますが、自分で入力した文章は一文字ずつ選択できるようになっています。これは、確かにそうだなと思いました。タイトルを「インターネットの未来」としてみました。

2015-02-17_123357

入力も軽快です。悪くないです。

2015-02-17_123521

表テーブルも挿入して編集できます。若干、最初の読み込みが重かったですが、その後は軽快でした。使った感じも昔の「Microsoft Works」みたいで良いですね。

とりあえず「終了」の仕方がわからないので、そっと画面を閉じました(笑)

iWork for iCloud「Numbers」


2015-02-17_123752

表計算です。センス良い画面です。

インターフェイスは各アプリで統一されています。

2015-02-17_123956

もちろん、テンプレート選択から始まります。

読み込みは最初は時間がかかりますが、私の使っている「WiMax2+」に「メモリ2GBの貧弱パソコン」で、まだ我慢できす感じです。待っている間に他の作業が重くならないのは良いところだなと思いました。通信しているだけですね。

2015-02-17_130447

2015-02-17_130550

普通のスプレッドシートですが、テンプレートを選んだので、結構デザインされています。表の編集も軽快です。最初の読み込みは少し時間が必要ですが、その後はサクサクしています。

iWork for iCloud「Keynote」


2015-02-17_130831

「Keynote」は、マックユーザ的な「プレゼンテーションソフト」です。

2015-02-17_131056

インターフェイスや操作などは、いずれのアプリでも統一されています。こういうところ大事です。だって、我々は○カだからです。

「Google Docs」使っているなら不要


もうすでに「Google Docs」を使っているなら別に必要ありませんが、普段からスマホに「iPhone」を使うユーザーなら、ソフトが拡充されて便利になったという話になります。

「Microsoft Office」よりもユーザーフレンドリーで、「Google Docs」よりもキレイで楽しいというのが特長ですが、基本は「わかりやすいオフィスソフト」というのが、このシリーズの流れです。

これは1990年台に「Microsoft Office」が出る前からあった流れで、マイクロソフトも「Microsoft Works」というソフトを出していました。しかし、マイクロソフトは高機能という路線に走り(Microsoft Office)、今の「Microsoft Office」の失敗があります。

「Microsoft Works」について


すごい昔の話ですが、マイクロソフトは今の「MS Office」の前身ともいえる「Microsoft Works」(マイクロソフト ワークス)という統合ソフトを発売していました。これは「ワードプロセッサ」「表計算」「データベース」等が一緒になったソフトでしたが、非常に軽く、そして簡単に使えたので重宝しました。Mac OSにも移植されて、1990年台から2009年まで発売されていた隠れた大ベストセラーソフトでした。

「ワードプロセッサ、表計算、データベース、スケジュール管理、通信」がワンパッケージになった個人向けのビジネスソフトの集合パッケージ。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。