京都市内にサルはいるのか? 京都秘境ハンター

Sponsored Link

シリーズ「京都秘境ハンター」の最新版です。今回は京都市内でサルを探しに行きました。

そして、我々はサルの撮影に成功したのです。

京都市内にサルっているの?


2015-08-21_022457

8/20のローカルニュースで和歌山でサルが住宅地に大量におりてきて住民が困っているとニュースでやっていました。

猟友会の方々が猿狩りしている姿が放送され、我々も「サルって京都におるんけ?」という疑問が沸いてきたのです。

しかし、滋賀県や三重県ではサルは街中にたくさん山の林道で見かけるのですが、京都市内では見たことありません。

京都市内を外れて、北の日本海側に近い「右京区」の北のはずれの方まで行けば見られますが、我々の予算が許しません。

そこで、我々は京都市内にサルを探すために速攻で京都市内の魔境「原谷」(はらだに)に向かうことにしました。

京の魔境・原谷

京都市内に住む者にとって、「原谷」は人が住んでいるらしいと土人を思い浮かべるほど僻地です。

四方八方が山に囲まれたくぼ地に閑静を通り過ぎてなんもない住宅街が広がるエリアです。

このブログでも何度も取り上げているエリアですが、それだけネタになる地域でもあります。

京都人にとって「一度は行ってみたい場所ナンバーワン」かつ「一生行かないであろうナンバーワン」な土地でもあります。

なんていうと、めちゃくちゃ叩かれるので言いません。

御室八十八ヶ所霊場


2015-08-21_024708

原谷といっても、山のほうでもないといないかなと思って、御室の方に向かいました。

京都の世界遺産「総本山 仁和寺」の裏にある仁和寺領の御室という山があるのですが、そこには「御室八十八ヶ所霊場」というのがあります。

これ「四国霊場めぐり」の簡単版で、四国八十八ヶ所霊場のコピー版というか、簡単に廻ることってできないのと知恵を絞った上でできた霊場です。

ここを巡ると「四国八十八ヶ所霊場」を廻ったのと同じ効果があると言われるところです。

そこならサルでもなんでもいるだろうという大人の思惑です。

URL:http://www.ninnaji.or.jp/hallowed_ground.html

御室八十八ヶ所霊場のショートカット


2015-08-21_025324

この「御室八十八ヶ所霊場」は仁和寺の裏から始まって、山を登るルートなのですが、我々ジモチーはそんなやっかいなことはしません。(写真は仁和寺)

2015-08-21_025420

「四国八十八ヶ所霊場」をショートカットした「御室八十八ヶ所霊場」を、さらにショートカットするという暴挙に出るわけです。(写真は御室八十八ヶ所霊場スタート地点)

2015-08-21_025531

仁和寺から宇多天皇陵にバイクで進むと参道の北にある工場っぽいところの奥にショートカット入口があるのです。

これが「御室八十八ヶ所霊場」ショートカットです。

ま、我々も大の大人ですから、楽して疲れない方法を必死こいて考えるのに慣れておりますゆえ、こういう手段に出るのです。おとなだから仕方がないのです。

地図でいうと、上の座標でございます。

子供は真似しちゃダメです。

成就山山頂 京都が一望できる唯一の場所


2015-08-21_030009

さっきのショートカット入口入って、山を登っていくと、すぐに「成就山山頂」(じょうじゅさん)に到着します。

標高236メートルです。

ほとんどバイクで行ったので実際にはさほど登ってません。

2015-08-21_031016

実は、この「成就山山頂」は京都市内で一番見晴らしの良い場所でもあります。

結構、京都市内は、どこの山頂も木々が邪魔で景色が見られないのですが、ここはベンチまであります。

2015-08-21_030222

苦労して登山した後の景色は格別です!

ま、こんな汚い方法を考えたのは、うちの温泉担当ですが・・・・。

しかし、サルはいない


というように、当初の目的の「サル」ですが、どこにも見当たりません。

さすが、京都市内にはいないのでしょうか?

いえ、います。

2015-08-21_022457

最初に掲載した写真ですが、実際に目撃しているのです。

サルは住宅街にやってくる

根本的に我々は間違っていました。

そうです、サルは山から町中に降りてくるのです。

アベノミクスで京都の経済はガタガタですが、サルの世界でもエサが山に少なくて、山を下りてくるから目撃されるわけです。

というわけで、我々は「原谷」に向かうことにしました。本当のこというと、サルがいないのに、お腹空いたので、コンビニ行こうと原谷に向かいました。

するとサルがいたのです!

原谷の喫茶店ロードさんのところにサルがおった


2015-08-21_031431

というわけで、霊場から原谷のコンビニに向かう途中で、バイクに乗っていたのに、なぜか家と家のすき間にいるサルを発見しました。

それが上の写真です。

場所は「喫茶ロード」さんの北側で、「大久保造園」さんのところです。

京都市内にサルはいたのです!

ということよりも、よくこんな場所をバイク乗りながら見つけたなと思いました(笑)

追跡劇


2015-08-21_031839

ということで、急きょ「喫茶ロード」さんの駐車場に回り込んで、猿を激写したわけです。

2015-08-21_032349

見事に激写できたわけです。

結構おおきなおとなのサルでした。

しかし、彼は我々の気配を察知すると、素早い動きで駐車場の奥に逃げていきました。

結論:京都市内にサルはいる


というわけで、京都市内には猿はいました。

さすが、原谷です。

京都一の魔境「原谷」は、シリーズ「京都秘境ハンター」でも多く出てくる土地です。

みなさんも一度行ってみてはいかがですか?(マテ)


京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。