三条鳴海餅 @京都・三条会商店街「大正14年創業の和菓子店」が閉店

ナルミの赤飯で知られる「三条鳴海餅」が2018年12月末日で閉店することになっています。アーケード商店街「三条会商店街」で大正14年から営業していた老舗ですが閉店(閉業)すると告知されています。

閉店は三条店だけで本店「鳴海餅 下立売本店」などは引き続き営業されています。

広告

ナルミの赤飯「三条鳴海餅」が2018年12月末日で閉店


三条会商店街の「三条鳴海餅」2018年12月31日撮影

三条会商店街の「三条鳴海餅」2018年12月31日撮影

京都で最大級のアーケード商店街「三条会商店街」に大正14年からその地で和菓子を売り続けてきたお店があります。

それが「三条鳴海餅」さんです。

その老舗が2018年12月末日で閉店となり、本日最終の営業日を迎えています(9時~17時営業、水曜日定休)。

店頭に貼られた「三条鳴海餅」閉店告知(2018年12月31日撮影)

店頭に貼られた「三条鳴海餅」閉店告知(2018年12月31日撮影)

店頭に貼られた「三条鳴海餅」さんの閉店告知には以下のように書かれていました。

大正14年の開店以来、この地で営業させていただいて来ましたが、本年12月末日をもって閉店することに相成りました。
これまでのみなさまのご愛顧に心より感謝いたします。
本年の正月餅は例年通り対応させていただきます。
三条鳴海餅

鳴海餅 について


三条鳴海餅(2018年12月31日撮影)

三条鳴海餅(2018年12月31日撮影)

アーケード商店街「三条会商店街」にある「三条鳴海餅」さんは大正14年創業ですが、本店は明治8年(1875年)に創業した「下立売本店」です。

他にも「鳴海餅 丸太町店(1950年創業)」や「鳴海餅 大丸京都店」に「鳴海餅 高島屋京都店」さらに「鳴海餅 伏見大手筋商店街二番街」があります。

鳴海餅さんといえば「赤飯正月餅」で、赤飯も餅も佐賀県産「ヒヨクモチ」を使っており、赤飯では丹波大納言の小豆を使う高級品です。

京都の実家でも、昔は何かあると鳴海餅さんのお赤飯を買いに行ったりしており「ナルミの赤飯」といえばご馳走でした。

京都府京都市上京区西橋詰町(MAP
営業時間:8時30分~17時30分
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。