京都バイカルの2018年最新ソフトクリーム「金閣寺アイスパフェ」が発売開始

京都の老舗洋菓子店「バイカル(BIKAL)」金閣寺店で「金閣寺アイスパフェを販売開始しました」という告知が貼り出されていました。「金閣寺アイスパフェ」はバター香るワッフルコーンに宇治抹茶またはバニラのソフトクリーム、「アーモンドフロランタン、マカロン」がトッピングされています。

ではこの「金閣寺アイスパフェ」いったいどんなスイーツなのでしょうか。

広告

バイカルのソフトクリーム「金閣寺アイスパフェ」が販売開始


金閣寺アイスパフェを販売開始しましたという告知、これは食べねば!

金閣寺アイスパフェを販売開始しましたという告知、これは食べねば!

京都の洋菓子店「バイカル(BIKAL)」さんといえば京都の方で知らない人はいないほど有名な老舗です(1955年創業)。

そのバイカルさんが、遂にソフトクリームを発売開始したとのことで店頭で告知が行われていました。

そのソフトクリームとは・・・・

金閣寺アイスパフェ

値段は420円、バイカル金閣寺店で絶賛発売中だったので、早速食べてみることにしました。

金閣寺アイスパフェ 実食レビュー


これが新発売の「金閣寺アイスパフェ」

これが新発売の「金閣寺アイスパフェ」

こちらがバイカル金閣寺店で絶賛発売中の2018年最新スイーツ「金閣寺アイスパフェ」です。

宇治抹茶」と「バニラ」の2種類あり、それぞれ焼き菓子の「アーモンドフロランタンマカロン」がトッピングされているソフトクリームになっています。

コーンは「ワッフルコーン」で、これはさすが洋菓子店だけあって「自家製」のコーンを使うというこだわりです。

洋菓子・焼き菓子のお店ということもあり「焼き菓子」を使ったソフトクリームになっているのが特徴的です。

アーモンドフロランタンとマカロンがトッピングされています(金閣寺アイスパフェ)

アーモンドフロランタンとマカロンがトッピングされています(金閣寺アイスパフェ)

アーモンドフロランタンは同じものですが、マカロンは「柚子マカロン(宇治抹茶)」と「ラズベリーマカロン(バニラ)」で違うものを使っています。

自家製ワッフルコーンはバターが多く使われたワッフルで作られているもので、よくあるコーンとは全く違う味わいを楽しむことができます。

今回は「宇治抹茶」のソフトクリームを食べたのですが、粘りの強いソフトクリームで溶けても水っぽくならないものを使っていました。

金閣寺は観光地で食べ歩きすることもあるので、そういったことも考慮したんだと思います。

バイカル金閣寺店への行き方(アクセス方法)


バイカル金閣寺店、西大路通の金閣寺近く(氷室道への入口)にあります

バイカル金閣寺店、西大路通の金閣寺近く(氷室道への入口)にあります

京都の「バイカル(BIKAL)」さんはいくつか支店があるのですが「金閣寺アイスパフェ」はバイカル金閣寺店さんでのみ販売を確認しています。

公式サイトでも告知されていないので、金閣寺店限定なのかもしれません。

バイカル金閣寺店への行き方(アクセス方法)は西大路通の金閣寺前を少し南側「氷室道」へ入る交差点角に店舗があります。

京都市バスであれば「金閣寺道バス停」下車で徒歩3分ほどです。

京都府京都市北区衣笠北天神森町40
営業時間:9時~21時
定休日:元旦
URL:http://www.baikal.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。