イオンモール高の原店 @高の原「奈良県との県境がある」京都のイオンモール

京都のイオンモール高の原店には、建物内に京都と奈良の県境があります。北が京都府で、南が奈良県です。イオンモールが県境にまたがって存在しているのが理由ですが、店内には県境が書かれていたりします。

珍しい事例なのでテレビでも紹介されるなどしている名所です。

京都府と奈良県の県境がある「イオンモール高の原」


これが京都府と奈良県の県境です(イオンモール高の原店)

これが京都府と奈良県の県境です(イオンモール高の原店)

京都の「イオンモール内に県境ある」というのをご存知でしょうか。

場所は「イオンモール高の原店」で、モール内を歩いていると突然「県境」が現れるのです。

実は、この建物自体が京都府と奈良県の県境に建っているからなのですが、警察の所轄を明確にするために書かれているとも噂になっていたりします。

現在はほぼ名所になっています(イオンモール高の原)

現在はほぼ名所になっています(イオンモール高の原)

県境には「京都、奈良」と書かれた境界線が通路に描かれていました。

珍しいのでテレビなんかでも紹介されることがあって、今ではこんな名所チックな演出がされています。

こっちが京都、あっちが奈良と行ったり来たりする人はほぼいませんでした。

県境がある「イオンモール高の原店」

では、この県境がある「イオンモール高の原店」はどこにあるのか地図で見てみましょう。

確かに京都府と奈良県の県境にありますが、地図では建物に沿って県境が描かれています。

この県境なのですが住所的には京都府として登記されているようです。

高の原の駅は奈良県、イオンモール高の原は京都府にあるとなっているからです。これは法人税との兼ね合いかもしれませんが、ほんのちょっとだけ奈良県を侵食しちゃっている県境ということになりますね。

京都府木津川市相楽台1丁目1番1
URL:http://www.aeon.jp/aeon/takanohara/

京都府と大阪府の境にあるJR東海道本線「山崎駅」

実は、同じような事例が駅でもあります。

京都と大阪の境界にある駅、JR東海道本線「山崎駅」です。

駅のホームに府の境界があります。

広告


知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎【電子書籍】[ 浅井建爾 ]

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。