京都・仁和寺でマスクを無料配布?

京都の御室仁和寺が参拝者に無料でマスクを配布しているという噂があります。そこで、仁和寺まで行き、その真実を見に行ってみました。すると、確かにマスクらしきものが参拝者に無料配布されていたのです。その正体とは?!

御室仁和寺が参拝者にマスクを無料配布?


仁和寺が参拝者にマスクを無料配布?

仁和寺が参拝者にマスクを無料配布?

新型コロナウイルスが全世界で大流行していることで、日本でもマスク不足が数か月間続いています。

まったくと言ってよいほど販売されていないマスクですが、最近では河原町五条のカフェ「都ぎゃらり~」さんでコーヒーを飲んだお客さんに1枚サービスされているというネタを記事にしました。

しかし、京都にはもう一か所そんな似たような場所があるのです。

それが・・・・

御室仁和寺

です。

御殿(有料)の中で参拝者にマスクが配られている?

御殿(有料)の中で参拝者にマスクが配られている?

実は、有料の区画ではありますが「御殿、霊宝館」の2か所でマスクみたいなものが無料配布されているのです。

それが・・・・

奉書紙(ほうしょし)という和紙で出来た手作りマスク

です。

仁和寺の奉書紙(和紙)で出来た手作りマスクとは


仁和寺の奉書紙(和紙)で出来た手作りマスクとは

仁和寺の奉書紙(和紙)で出来た手作りマスクとは

京都の御室仁和寺で参拝者にマスクを無料で配布しているというのは「奉書紙(ほうしょし)という和紙で出来た手作りマスク」です。

正式には「覆面」と呼ばれている儀式用のマスク。

仁和寺の奉書紙(和紙)で出来た手作りマスク

仁和寺の奉書紙(和紙)で出来た手作りマスク

仁和寺で無料配布されているマスクみたいな「覆面」

仁和寺で無料配布されているマスクみたいな「覆面」

仁和寺では僧侶が付けているもので、神聖な場所でお供え物に息をかけないようにするマスクに似たものなのです。

モノとしては和紙を長方形に折り、両端に穴をあけて紐を通したものになっていました。

薬師如来の種字であるバイという梵字が押されています

薬師如来の種字であるバイという梵字が押されています

これには御朱印(薬師如来の種字であるバイという梵字)が押されていてます。

薬師如来は皆の病を治すと誓った神様なので、その梵字が押されているのです。

配布は2020年3月1日から行われており、1日に200枚ほど手作りして配布しているそうです。

配布場所は有料エリア「御殿、霊宝館」の2か所です。

仁和寺への行き方(アクセス方法)


仁和寺までのアクセス方法を紹介します

仁和寺までのアクセス方法を紹介します

仁和寺は888年創建の寺院で、北山エリアでは広大な寺領を所有していたお寺さんです。

1994年には世界遺産にも登録されています。

仁和寺は嵐山か北野白梅町から嵐電で「御室仁和寺駅」で降りると目の前にあります。京都駅からバスでも行くことができるので、バスの利用者が多いのですが、混雑するので阪急で嵐山まで行って嵐電がオススメです。

金閣寺から行くならバスの方がアクセスが良く「金閣寺~龍安寺~仁和寺」と3箇所を見ることもできます。

日本、〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33
URL:http://www.ninnaji.or.jp/


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。