三段池公園 @京都・福知山 まるで北海道「哲学の木」みたいな絶景が京都にある

紅葉も北海道みたいな絶景も楽しめる京都府福知山市の「三段池公園」へ紅葉を見に行って来ました。とても広大な公園で東京ドーム12個分の広さがあります。

そして、ここには北海道の「哲学の木」のような絶景ポイントもあるのです。

広告

まるで北海道みたいな絶景の京都にある紅葉新名所「三段池公園」


なんとなく北海道な福知山市の「三段池公園」

なんとなく北海道な福知山市の「三段池公園」

2018年11月10日に福知山市民(京都府)憩いのオアシス「三段池公園」へ紅葉を見に行って来ました。

この三段池公園、京都とは思えない広大な敷地で「まるで北海道みたい」と話題の場所です。

敷地は広大で、総面積は「55.9ha」もあり、これは55万9千平方メートル(つまり、東京ドーム12個分)の規模になります。

特に「三段池大はらっぱ」と呼ばれるエリアは福知山市民の憩いの場となっており、散策やピクニックなどができるようになっています。

三段池公園案内図

三段池公園案内図

・三段池
・福知山市動物園
・総合体育館
・猿ヶ島
・児童科学館
・広場(複数)
・武道館
・グラウンド
・テニスコート

三段池


三段池も大きな池で絶景です(福知山市)

三段池も大きな池で絶景です(福知山市)

公園の名前にもなっている「三段池」は広さ「4.8ha」もあり、公園全体の1割弱を占める溜池です。

池の周辺には松林などがあり、今の時期なら紅葉を楽しむこともできます。

松平忠房(福知山藩主)により灌漑用の池として構築され、周囲には「福知山市動物園、都市緑化植物園、児童科学館、総合体育館」などの施設が隣接していて、それら全体を「三段池公園」と呼んでいます。

大はらっぱ


大はらっぱ、駐車場完備の広大な草原が広がっています(三段池公園)

大はらっぱ、駐車場完備の広大な草原が広がっています(三段池公園)

三段池公園の北側エリアは「大はらっぱ」と呼ばれる広大な芝生の広場になっています。

こどもが遊べる遊具が揃った公園、大人も草原に寝転んで読書したり、中にはシートを広げてピクニックする姿もありました。

この大ひろっぱは「まるで北海道みたいな絶景」と呼ばれるスポットにもなっています。

まるで北海道の「哲学の木」みたいな絶景が京都にある


大ひろっぱ(三段池公園)

大ひろっぱ(三段池公園)

この三段池の「大はらっぱ」は芝生の草原になっており、広さもかなりあります。

周囲に高い建物などもなく、遠くには山が見えるのみです。

そのため、なんとなく北海道のような雰囲気に見える角度もあったりします。

まるで北海道みたいな絶景(大はらっぱ)

まるで北海道みたいな絶景(大はらっぱ)

大はらっぱの中央には大きな植樹がポツンとあります。

平成17年4月に、この三段池整備の後援会が「設立40周年」を記念して植樹したものです。

これ、なんとなく北海道の「哲学の木」にも見えませんか?

哲学の木(北海道美瑛)

哲学の木(北海道美瑛)

三段池公園 紅葉具合(2018年11月10日)


三段池の紅葉(2018年11月10日)

三段池の紅葉(2018年11月10日)

訪問日は2018年11月10日、京都でも北部の福知山の紅葉もだいぶ進んでいました。

上の写真は「三段池」で、水面には紅葉が映り込んでいました。

三段池公園の紅葉、奥に見える烏ケ岳付近は秋の雰囲気です(2018年11月10日)

三段池公園の紅葉、奥に見える烏ケ岳付近は秋の雰囲気です(2018年11月10日)

大はらっぱからは周囲の山に紅葉を見ることができます。

訪問したのが午後3時以降だったので、夕焼けに紅葉っぽい雰囲気になっています。

ちなみに、この「大はらっぱ」の近くまで車で行くことができたりします。

三段池公園 アクセス方法


三段池公園には「福知山市動物園」もあります

三段池公園には「福知山市動物園」もあります

ということで、紅葉も北海道みたいな絶景も楽しめる京都府福知山市の「三段池公園」の紹介でした。

中には「福知山市動物園児童科学館遊具の揃った公園」もあって家族連れが多く集まっていました。

駐車場も無料(かなり広大)で、福知山市の底力を見たような感じになる公園です。

行く場合は自家用車で、福知山駅から車で10分くらいの場所にあります。

京都府福知山市猪崎字猪崎377−1(MAP
開園時間:8時30分~18時30分(6月~8月)、8時30分~17時(9月~5月)
公式サイト:http://www.sandanike-kouen.or.jp//


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。