松尾大社の巨大絵馬 @京都も正月・初詣の準備中でした

2017年11月末から松尾大社に、毎年恒例の「巨大絵馬」が登場しています。2018年(平成30年)は戌年(いぬどし)ということで、版画家の井堂雅夫さんの描いた絵馬が置かれていました。高さは3メートル以上もあるので、かなり大きな絵馬です。

この「巨大絵馬」を見に行って来ましたので紹介したいと思います。

広告

松尾大社の巨大絵馬(平成30年版)がお披露目


松尾大社の巨大絵馬(平成30年版)

松尾大社の巨大絵馬(平成30年版)

2017年11月末から、京都の松尾大社に恒例の「巨大絵馬」が設置されています。

これは毎年、この時期になると松尾大社でお目見えするもので、地元では年末の風物詩のようになっています。

2018年の絵馬は、版画家の井堂雅夫さん(故人)が描いた干支「(いぬ)」で、盃には縁起の良い亀の絵も描かれていました。

高さは3メートル以上あり、本殿の真正面に設置されているので、とても目立ちます。

高さ:3.2メートル
幅:5.5メートル
本殿も白いシートで覆ってあるなど正月気分に

本殿も白いシートで覆ってあるなど正月気分に

12月21日に参拝した時には、すでに境内も正月の準備で慌ただしくなっており、本殿も白いシートで覆ってあるなど正月気分になっていました。

シートは賽銭から本殿を守るためのものですが、これが登場すると師走なんだなと感じます。

さすがに参拝者はまだ少ないですが「おみくじ杓子絵馬」などの準備も行われていました。

松尾大社のおみくじ


「おみくじ・杓子・絵馬」などの準備もされています

「おみくじ・杓子・絵馬」などの準備もされています

松尾大社のおみくじは普通の「おみくじ」と「恋みくじ」の2種類あります。

本殿の左手に「相生の松(あいおいのまつ)」という恋愛成就の古木があるからで、若い女の子たちが何かを真剣にお願いしていました。

樹齢350年ほどの松で、すでに枯れているのですが根元だけが今でも残っています。

ハート型のおみくじ結び

ハート型のおみくじ結び

ハート型のおみくじ結びもあるので、初詣でおみくじをひいたら結んで帰ると良いでしょう。

恋みくじ 300円
おみくじ 200円
杓子 500円
絵馬 500円
焚串 500円

松尾大社の新春「樽うらない」


松尾大社の新春「樽うらない」初穂料300円

松尾大社の新春「樽うらない」初穂料300円

松尾大社には「樽うらない」というのがあって、ちょっとした名物になっています。

これは矢を的に射って、その結果によってお守りがもらえるという「運だめし」のようなお守りなんです。

当たった場所でお守りが変わります

当たった場所でお守りが変わります

ちなみに「大吉当たり」が良いとされますが、外れても「あまり福」というお守りがもらえます。

矢は2本で初穂料は300円です。

遊び心のあるお守りというだけですが、新春にだけお目見えするので正月の名物なお守りです。

松尾の神とは


松尾大社

松尾大社

松尾大社は、古来より「日本第一醸造祖神」とも言われてています。

建立は秦氏(はたうじ)が嵐山一帯に大陸から渡来して住み着いていた時代ですから3世紀末~8世紀頃だと言われています。

秦氏というと土木技術を日本に伝えたとされていますが、秦氏には「~酒公(さけのかみ)」と呼ばれる人物も多くいて、醸造技術も日本に伝えたとされています。

松尾大社の古伝にも733年には醸造していたという記録もあり、江戸時代には「酒の神様」としてもよく知られていたそうです。

京都府京都市西京区嵐山宮町3
URL:http://www.matsunoo.or.jp/


テレビでよく「正しい神社での参拝方法」というのが放送されています。実際の神職の方が「一礼、二拝、二拍手、一拝、一礼」の神職が習うような正しい作法を紹介しているのですが、大事なことはお作法ではありません。神社で参拝する作法がなぜ存在するのかを知った上で参拝の仕方を身に着けてこそ本当に意味あるお作法になるのです。



京都をメインに関西のユニークで面白い 「名所・神社・寺」を紹介しています。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。