京都・御室桜の開花状況 @仁和寺 週末の雨で落花さかん 2017年4月19日

京都の遅咲きの桜御室桜」を見に行ってきました。2017年は4月15日頃が見頃だったようですが、4月19日でもまだまだ見られる開花状況でした。週末土日にはほぼ散っていると思われますので、週内平日が桜を見られる最後のチャンスになるでしょう。

では、現在の桜の開花状況はどれくらいなのでしょうか?

広告

京都・御室桜の開花状況


京都・仁和寺の桜「御室桜」

京都・仁和寺の桜「御室桜」

京都はすでに桜の見頃が過ぎた頃ですが、遅咲きの桜である仁和寺の「御室桜」を見に行ってきました。

仁和寺には結構な種類の桜がありますが、一番多いのがこの「御室桜」で、専用のエリアが設けられています。

見頃になると拝観料500円が必要ですが(通常は無料)、この「御室桜」を2017年4月19日に見に行ってきた写真を公開します。

週末の雨で落花さかん 2017年4月19日


仁和寺は門前に開花状況が毎日公表されています

仁和寺は門前に開花状況が毎日公表されています



仁和寺では開花状況が毎日公表されています。

2017年4月19日は「落花さかん」と書かれていますが、見頃は週末4月15~16日くらいで、その後の大雨で結構散ってしまったようです。

しかし、入苑してみると、開花状況は五分くらいではありますが、まだ桜を見ることは十分できました。

前日まで雨が激しかったのですが当日は快晴でした

前日まで雨が激しかったのですが当日は快晴でした

京都ではここしばらく雨が強く降っており、その影響もあって桜は散っていますが、仁和寺の御室桜は本数が多いので、ものによってはまだ十分見られる状態でした。

花の色は白がほとんどで、ところどころにピンクの花が咲いています。

仁和寺五重塔と御室桜が見られるスポットです

仁和寺五重塔と御室桜が見られるスポットです

御室桜のみのエリアがあり、仁和寺五重塔と御室桜を同時に見ることができます。

本数は約200本で、江戸初期頃から現在の場所に植えられており、桜の名所になっていたそうです。

木によってはまだ8分咲きくらいのものも

木によってはまだ8分咲きくらいのものも

仁和寺 基本情報


御室桜のある仁和寺とは

御室桜のある仁和寺とは

ということで、2017年4月19日の京都・仁和寺における御室桜の開花状況でした。

京都は前年よりも少し遅い開花で、御室桜は2017年は4月中旬くらいが見頃でした。

京都市内の桜が散ってきた頃が御室桜の見頃ともいえ、遅咲きの桜として知られています。

近くの原谷苑も枝垂桜が多いので、御室桜の満開時期とちょうど同じくらいです。そのため、セットで見に行く方もいらっしゃいます。

京都府京都市右京区御室大内33
URL:http://www.ninnaji.or.jp/


2017年4月3日京都は晴天となり暖かい日でした。桜も今日の暖かさで咲き始めており、桜の名所仁和寺」まで様子を見に行ってきました。仁和寺には「染井吉野御室桜関山山桜」などの桜があり、4月中旬以降に見ごろとなる「御室桜」で有名です。



京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。