嵐山の桜 新名所@京都「嵐山公園亀山地区~小倉山展望所」まだら桜をレビュー

今回の「京都案内」は嵐山の桜で、それも新名所嵐山公園亀山地区小倉山展望所」という新桜ルートを紹介します。「嵐山公園亀山地区」には桜が植樹されており、2017年4月13日には満開となっていました。また、その先には大堰川(桂川)を一望できる絶景スポット「小倉山展望所」があるのです。

今回は実際に「嵐山公園亀山地区~小倉山展望所」を歩いてきましたのでレビューします。

広告

嵐山の桜 新名所


嵐山の桜 新名所(2017年4月13日撮影)

嵐山の桜 新名所(2017年4月13日撮影)

今回の「京都案内」は、嵐山の桜です。

しかし、嵐山で桜というのは、あまり聞かない話です。

渡月橋のところ「嵐山公園 中之島地区」には桜があるのですが、実はもっと絶景を見ながら桜を眺められる場所があるのです。

それが「嵐山公園亀山地区小倉山展望所」へと続く「新桜ルート」です。

嵐山公園亀山地区の桜を見に行く


渡月橋から見える「まだら桜」

渡月橋から見える「まだら桜」

京都の嵐山で桜といえば渡月橋のところから眺める「まだら桜」です。(「まだら桜」はosumituki.comの造語です)

岩田山には何本も桜があり、緑とピンクの色とりどりな山の色が「まだら」のように見える桜の名所です。

嵐山公園亀山地区の桜

嵐山公園亀山地区の桜

しかし、一歩奥に行けば、また別の景色が広がっています。

それが「嵐山公園亀山地区の桜」です。

ここは小高い丘に公園があり、そこに桜の木などが植えられている場所なのです。

見事な桜が嵐山の奥にあります

見事な桜が嵐山の奥にあります

「竹林の道」の一番奥にあり、渡月橋から桂川の川沿いを歩いても行けるのですが、案内板なども少なくまだ観光客はここまではあまり来ません

人が少ないのは、外からは見えない広大な公園が隠れるように実在しているからです。

そして、比較的最近になって整備された公園なので、なおさら知られていない場所なのです。

ですが、これだけではないのです。

実は桂川の渓谷が一望できる小倉山への入口でもあるのです

実は桂川の渓谷が一望できる小倉山への入口でもあるのです

京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町

小倉山展望所で絶景の渓谷と「まだら桜」を見る


小倉山展望所で見られる絶景

小倉山展望所で見られる絶景

実は「嵐山公園亀山地区」の公園は「小倉山」の山頂まで続いているのです。

そして、その山頂からは必ず満足できる景色が見られる小倉山展望所」があり、訪れた観光客を驚かせる絶景を見ることができます。

展望台からの絶景

展望台からの絶景

小倉山展望所」には渓谷を見ることができる展望台が整備されており、ベンチなどもあって休めるようになっています。

2017年4月13日の京都は快晴だったこともあり、眼下に見える桂川(大堰川)がクッキリと鮮やかに見ることができました。

京都府京都市右京区嵯峨亀山町

嵐山の桜 新名所@京都 まとめ


絶景への入口が嵐山の少し奥にあります

絶景への入口が嵐山の少し奥にあります

今回紹介した「嵐山公園亀山地区~小倉山展望所」ルートへ行くには「竹林の道」もしくは上の写真の「桂川(大堰川)」の奥にある船着き場付近から公園に入ることができます。

オススメの行き方は「竹林の道」一番奥まで行き「大河内山荘庭園」のT字路で左に行く道のりです。

ここから公園に入る方が、坂道を登る苦労が少しだけ緩和されるからです。

なお、桂川は渡月橋より南が「桂川」で、北は「大堰川(おおいがわ)」という名前の川になっています。


京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。