京都「醍醐寺」の桜が満開で見頃(2019年4月5日)

醍醐寺で桜が満開になりました。2019年4月5日の時点で「見頃」を迎え、境内には多くの観光客が訪れていました。今の時期なら枝垂れ桜やソメイヨシノが満開、山桜や枝垂れ桜ももうすぐ咲くでしょう。

この醍醐寺は京都でも一番歴史があり、花の醍醐とも呼ばれてきた場所で、豊臣秀吉が「醍醐の花見」と呼ばれる盛大な宴を行った場所です。

広告

醍醐寺で桜が満開に(2019年4月5日)


醍醐寺で桜が満開になりました

醍醐寺で桜が満開になりました

京都で一番歴史がある桜の名所といえば「醍醐寺」、その醍醐寺にある桜が2019年4月5日にはほぼ満開の見頃を迎えていました。

訪問した日は、久しぶりの暖かい日で広い境内の参道には桜が咲き乱れ、満開の桜を見に来た観光客で大いに賑わっていました。

醍醐寺仁王門前の桜、ツボミよりも開花した方が多くなっています

醍醐寺仁王門前の桜、ツボミよりも開花した方が多くなっています

広い醍醐寺の境内を少し散策してきたところ、枝垂れ桜やソメイヨシノや満開を迎えていました。

京都で歴史ある桜の名所といえば豊臣秀吉が花見をした「醍醐寺」

京都で歴史ある桜の名所といえば豊臣秀吉が花見をした「醍醐寺」

京都には桜の名所は数あれど、この醍醐寺は平安時代から「花の醍醐」と呼ばれた歴史ある桜の名所です。

敷地は200万坪あり、豊臣秀吉もここで盛大な花見の宴を開いたことで知られます(醍醐の花見)。

豊臣秀吉が一族の栄華を誇るために畿内から700本の桜を集めたといわれています

豊臣秀吉が一族の栄華を誇るために畿内から700本の桜を集めたといわれています

豊臣秀吉は晩年に一族の栄華を誇るため畿内から700本の桜を醍醐寺に集め、ここで1300人の招待客とともに盛大な花見の宴を催しています。

国宝「三宝院 唐門」

国宝「三宝院 唐門」

秀吉はその「醍醐の花見」を催す際に、三宝院の庭園も造って花見の会場としています。

三宝院は有料です(1500円)

三宝院は有料です(1500円)

三宝院の庭園は有料(1500円)、地元ではお高いと言われていますが、それだけの規模と桜を楽しむことができる場所です。

三宝院へ入らなくても桜は随所で楽しむこともできますので、ぶらりと行って見ても満足できると思います。

駐車場から三宝院へ向かう途中、境内に桜がたくさん咲いています

駐車場から三宝院へ向かう途中、境内に桜がたくさん咲いています

境内を歩いているだけでも桜を堪能できました

境内を歩いているだけでも桜を堪能できました

しだれ桜やソメイヨシノは満開です

しだれ桜やソメイヨシノは満開です

醍醐寺 への行き方(アクセス方法)


醍醐寺 への行くには醍醐駅から徒歩がお薦め

醍醐寺 への行くには醍醐駅から徒歩がお薦め

醍醐寺 への行くには醍醐駅から徒歩がお薦めです。

駐車場もあるので自家用車で行くこともできますが、花見の時期は駐車場待ちで時間をとられてしまいます。

また、公共機関としてバスもありますが、醍醐寺の前を通る旧奈良街道は道も狭く、バスの乗降で渋滞することでも知られています。

そのため、地下鉄東西線「醍醐駅」から約1kmなので歩いて醍醐寺まで行くのが最もお薦めです。

自転車、バイクの方は南門(場所)まで行ってみてください。

醍醐寺の南門付近

醍醐寺の南門付近

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
公式サイト:https://www.daigoji.or.jp/

醍醐寺の桜 SNSの口コミや評判(感想)


京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。