岡崎桜回廊 2018開花状況 @京都「十石舟めぐり で桜が見られる名所」

京都の「岡崎桜回廊」が満開に近いというので、2018年3月27日に桜の開花状況を調査してきました。「岡崎桜回廊」は「南禅寺舟溜(十石舟のりば)~夷川ダム」の1.5km区間のことで、ソメイヨシノの並木道になっています。琵琶湖疏水の流れに沿っており、今の時期は「十石舟めぐり」で船からも桜を見ることができます。3月27日の時点で、京都国立近代美術館と京都市美術館前の桜が満開に近い状況になっていました。

では、岡崎桜回廊ではどの程度の桜が咲いているのか写真で紹介します。

広告

岡崎桜回廊 2018開花状況


平安神宮の大鳥居付近にある「岡崎桜回廊」は満開に近い状況でした(2018年3月27日)

平安神宮の大鳥居付近にある「岡崎桜回廊」は満開に近い状況でした(2018年3月27日)

京都・岡崎公園付近で桜が見られる名所「岡崎桜回廊」を見に行って来ました。

2018年3月27日時点で、岡崎公園付近の桜は5分~7分咲きで、例年より早く桜の開花を見ることができるようになっていました。

特に、平安神宮の大鳥居付近(京都国立近代美術館、京都市美術館付近)にある桜は満開に近い状況となっており、「ロームシアター京都」や「みやこめっせ」側の桜より多く開花しています。

「みやこめっせ」側の疎水桜は、まだ咲いていない枝がありました(2018年3月27日)

「みやこめっせ」側の疎水桜は、まだ咲いていない枝がありました(2018年3月27日)

みやこめっせの方(上の写真)も咲いていますが、若干開花が遅いようでした。

写真に映っている舟は「十石舟めぐり」で、鴨東運河を周回する舟です。

京都市動物園の南側「南禅寺舟溜」から乗船できて、乗船料は大人で1200円となっています(パンフレット)。

満開の時期は船から桜を見ることができるので人気が高く「Web予約」をしないと乗船は難しいようです。

京都国立近代美術館周辺の桜はかなり咲いていました(2018年3月27日)

京都国立近代美術館周辺の桜はかなり咲いていました(2018年3月27日)

・京都国立近代美術館、京都市美術館前周辺の「岡崎疎水の桜」はほぼ満開
・みやこめっせ周辺の「岡崎疎水の桜」は5分咲きくらい
・2018年3月31日~4月1日の土曜日と日曜日は満開になりそう

岡崎桜回廊のソメイヨシノの満開は2018年4月1日頃か


岡崎桜回廊のソメイヨシノ(2018年3月27日)

岡崎桜回廊のソメイヨシノ(2018年3月27日)

この琵琶湖疏水の鴨東運河に咲く桜は「ソメイヨシノ」が多いようでした。

上の写真は白い大柄な花びらで、解説などがなかったのですが「ソメイヨシノ(染井吉野)」だと思います。

結構咲いている枝も多いのですが、ツボミもまだ多く残っているので、満開の見頃は2018年4月1日頃だと推測されました。

ソメオヨシノは例年であれば、ちょうど花見のシーズン(4月中旬)に満開になる桜です。

岡崎疎水の桜とは?


南禅寺舟溜へ向かう十石舟(2018年3月27日)

南禅寺舟溜へ向かう十石舟(2018年3月27日)

ネット上では、この桜を「岡崎疎水の桜」と読んでいる事例が多くあります。

しかし「十石舟の公式サイト」では「岡崎桜回廊」と呼んでおり、京都市広報でも「岡崎疎水」という呼び方は今のところされてなさそうでした。

ということで、この記事では「岡崎桜回廊」と呼んでいますが「南禅寺舟溜(十石舟のりば)~夷川ダム」の1.5km区間のことを、そう呼んでいます。

Googleの地図でも「岡崎疏水の桜」となっていますが、疎水自体は正確には「琵琶湖疏水」なので「琵琶湖疏水(鴨東運河)の桜」もしくは「岡崎桜回廊」と呼ぶのが正確です。

とはいえ「分かればよろしい」ので「岡崎にある疎水の桜」ということで「岡崎疏水の桜」でも良いとは思います。

岡崎桜回廊(岡崎疎水の桜)への行き方(アクセス方法)


京都市美術館の前の桜もほぼ満開に近い状況でした(2018年3月27日)

京都市美術館の前の桜もほぼ満開に近い状況でした(2018年3月27日)

さて、岡崎桜回廊(岡崎疎水の桜)への行き方(アクセス方法)です。

基本的には「平安神宮」へ行けば、この岡崎エリアです。

地下鉄東西線「東山駅」から歩いて行くと、岡崎桜回廊が近いので便利です。

JR京都駅から京都市バスで行く場合は「5系統」または「洛バス100系等」に乗れば30分ほどで平安神宮前まで行くことができます。

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町(付近)


京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。