御池桜(おいけさくら)@京都の御池通で冬に咲く桜

京都冬でも見ることができる桜の花が御池桜(おいけさくら)です。品種的には「冬桜」という秋~春にかけて少しずつ桜のことですが、京都では「御会式桜(おえしきさくら)」や「不断桜(実光院)」そして「十月桜(平野神社)」などがあります。

今回は「御会式桜」の記事でも触れた御池通にある「御池桜(おいけさくら)」を見に行って来ましたがちょうど良い開花状況になっていました。

広告

京都の繁華街で冬に咲く桜が御池桜(おいけさくら)


冬に咲く御池通の桜(2018年1月19日撮影)

冬に咲く御池通の桜(2018年1月19日撮影)

冬に咲く御池通の桜「御池桜」です。

京都の中心部「京都市役所前」に近い御池通沿いにあるので「御池桜」と呼ばれますが、実光院と同じ「不断桜」という種類の桜です。

秋の10月頃から4月の桜の時期まで、少しずつじっくりと咲く品種で「冬桜」と呼ばれている桜のことですが、この「御池桜」は12月頃から咲き始めて1月中旬頃であれば結構咲いているのを見ることができます。

京都では、この「冬桜」が結構あって「妙蓮寺 御会式桜櫻(おえしきさくら)」や「大原 実光院「不断桜」」に「平野神社「十月桜」」があります。

・御池通の「御池桜」
・妙蓮寺の「御会式桜櫻(おえしきさくら)
・大原の実光院「不断桜
・平野神社の「十月桜

御池桜(おいけさくら)


御池桜は京都御池創生館前にある桜です(2018年1月19日撮影)

御池桜は京都御池創生館前にある桜です(2018年1月19日撮影)

御池桜は「京都御池 創生館」の前にある桜です。

冬に咲く桜は、まだあまり知られていませんので、この御池通にある桜を見過ごしてしまう方も多いかもしれませんが、御池通を歩いていると、今の季節に似合わないピンク色の花びらを付けている木があります。

京都御池 創生館」というのは、2002年4月に開校した小中一貫教育校「京都御池中学校」のことで9年生まである学校です。

他にも保育園や商業施設(飲食店やパン屋)が入っている複合施設ですが、その南西角にあるのが「御池桜」です。

・12月~4月まで少しずつ咲く冬桜
・不断桜という種類
・京都御池 創生館の前にある桜
まだツボミもありますがよく咲いています

まだツボミもありますがよく咲いています

京都御池創生館の場所


京都市役所の西にある「京都御池 創生館」に行けば見ることができます

京都市役所の西にある「京都御池 創生館」に行けば見ることができます

この「御池桜」ですが、京都市中京区にある「京都御池 創生館」で見ることができます。

地下鉄東西線「京都市役所前」から徒歩5分かからない場所にあり、繁華街からも近いので観光ついでに立ち寄ることもできます。

一階には京都の有名パン店「進々堂」も入っており、カフェスペースもあるので、冬に桜を見に散歩してみると面白いと思います。

京都府京都市中京区東八幡町
URL:http://myorenji.or.jp/


京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。