御会式桜(おえしきさくら)@京都・妙蓮寺にある冬に咲く桜

京都では冬でも桜の花を見ることができる場所がいくつかあります。いわゆる「冬桜」という秋~春にかけて少しずつ桜のことですが、京都では「御会式桜(おえしきさくら)」や「不断桜(実光院)」そして「十月桜(平野神社)」などがあります。

御池通にもありますが、京都では冬の桜も今のシーズンに話題になったりします。

広告

冬に咲く桜が京都にはある


冬に咲く桜が京都にはある(2018年1月15日撮影)

冬に咲く桜が京都にはある(2018年1月15日撮影)

早ければ11月頃から咲き出す桜があります。

一般的には「冬桜」と呼ばれる桜で、秋~春にかけて少しずつ咲くという桜の品種のことです。

少しずつ咲くので「満開」ということにはならないのが特徴で、京都では「妙蓮寺 御会式桜(おえしきさくら)」や「大原の実光院 不断桜」に「平野神社 十月桜」などが知られています。

・冬に咲く桜
・11月頃から春まで少しずつ咲くのが特徴
・妙蓮寺の「御会式桜櫻(おえしきさくら)」
・大原の実光院「不断桜
・平野神社の「十月桜
・御池通の「御池桜

御会式桜(おえしきさくら)


京都・妙蓮寺にある「御会式桜(おえしきさくら)」

京都・妙蓮寺にある「御会式桜(おえしきさくら)」

2018年1月15日に、京都市上京区の「妙蓮寺(みょうれんじ)」へ行ったところ、冬に咲く「御会式桜(おえしきさくら)」が咲いていました。

撮影は「2018年1月15日」ですが、実際には10月13日頃から咲く桜の品種で、日蓮の御会式(10月13日)頃から咲き始めると言われています。

御会式(おえしき)というのは日蓮の命日で、それに合わせて行われる法要のことを言います。

10月~4月まで咲く桜「御会式櫻(おえしきさくら)」


御会式櫻(おえしきさくら)とは10月~4月まで咲く桜

御会式櫻(おえしきさくら)とは10月~4月まで咲く桜

普通の桜は4月中旬頃から咲いて満開になるのですが、冬桜は秋から少しずつ先はじめて4月頃に一番花をつけるという不思議な桜です。

春の暖かい月になってから咲くのが「」だと思われていますが、実際には冬でも見られる花なのです。

平野神社や雨宝院には「御衣黄(ぎょいこう)」という緑色の桜もあり、桜にも多種多様な品種があるということも、あまり知られていません。

本門法華宗 大本山 妙蓮寺の場所


京都市上京区にある「本門法華宗 大本山 妙蓮寺」

京都市上京区にある「本門法華宗 大本山 妙蓮寺」

この「御会式桜」ですが、京都市上京区にある「本門法華宗 大本山 妙蓮寺」で見ることができます。

堀川通の「堀川寺之内」の西にある大きなお寺さんです。

駅などは近隣にはないので京都市バスで行くことになり、JR京都駅からだと京都市バス「9系統(B1乗り場)」で「二条城・金閣寺行」に乗車して「堀川寺之内バス停」で下車すると近くです。

地下鉄烏丸線「四条駅」から京都市バス「12系統」でも行くことができます。

京都府京都市上京区妙蓮寺前町 寺之内通大宮東入ル
URL:http://myorenji.or.jp/


京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。