稲妻カレー (京都・烏丸、テークアウト可能)

京都の四条烏丸駅近くで販売されている「稲妻カレー」を食べて来ました。値段は600円でテークアウト可能です。稲妻食堂さんという居酒屋さんで販売しているカレーでオコゲの香ばしさあるスパイスぴりりとした辛めのカレーライスです。

京都・烏丸「稲妻カレー」を食べてみた


これが「稲妻カレー」だ!

これが「稲妻カレー」だ!

今回の「京都ランチ」は、烏丸で売られている「稲妻カレー」の紹介です。

この「稲妻カレー」は、河原町の「稲妻食堂」さんで食べられるカレーで、テークアウト弁当にも対応しています。

炭焼きっぽい香ばしさがあるカレーで、甘さもありますが、スパイシーさが後からジワジワ来るタイプのカレーライスです。

四条烏丸5番出口から徒歩1分で、カレーのテークアウトは600円なのでサラリーマンのランチでも利用できますね。

こんな感じでテークアウトできます(稲妻カレー)

こんな感じでテークアウトできます(稲妻カレー)

稲妻カレーの名前のとおり、結構辛いので(辛いのが)苦手な方はちょっと考えた方が良いかもしれません。

ちなみに、上の写真のようにテークアウト可能

ルーはフタの紙カップに入っていますが、持ち歩きには注意してください。

稲妻食堂


稲妻食堂(居酒屋)

稲妻食堂(居酒屋)

では、この「稲妻カレー」はどこで買うことができるのでしょうか?

場所は京都・烏丸、四条烏丸駅の5番出口を出て、そのまま「仏光寺通」を東へ、一筋目の南角にお店があります。

本来は居酒屋さんで18時から営業ですが、訪問時はランチ営業もしていました(11時30分~)。

〒600-8099 京都府京都市下京区上柳町329
営業時間:11時30分~
定休日:不定休


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。