漬け野菜 isoism の弁当「isoism御前(700円)」の振り売り【新型コロナ対策】

JR京都駅前で、人気レストラン「漬け野菜 isoism」さんのお弁当が振り売りされていました。「isoism御前」というお弁当で値段は700円です。このお弁当、イソイズムさんで人気の「漬け野菜」や「お惣菜」を使ったお弁当で、とてもおいしく、700円以上の価値があるお弁当でした。

漬け野菜 isoism の弁当が振り売りしてる


JR京都駅前の超人気レストラン「漬け野菜 isoism」も新型コロナの影響で夜営業を休止

JR京都駅前の超人気レストラン「漬け野菜 isoism」も新型コロナの影響で夜営業を休止

新型コロナウイルスによる政府の緊急事態宣言は京都にも影響を及ぼしています。

特に観光地で観光客相手に事業(飲食店など)をしていたところは休業に追い込まれるなどしています。

しかし、中にはテークアウトで活路を見出そうとする飲食店もあります。

それが京都の玄関口であるJR京都駅前にある超人気レストラン「漬け野菜 isoism」さんです。

「漬け野菜 isoism」さんの弁当振り売り風景

「漬け野菜 isoism」さんの弁当振り売り風景

新型コロナの影響で夜営業を休止している「漬け野菜 isoism」さんですが、お昼に「弁当の振り売り」をしていました。

一週間ほど前からテークアウト販売をしているそうで、そのお弁当を振り売りしていたのです。

漬け野菜 isoism の弁当「isoism御前(700円)」実食レビュー


漬け野菜 isoism の弁当「isoism御前(700円)」

漬け野菜 isoism の弁当「isoism御前(700円)」

ということで、こちらが「漬け野菜 isoism」の弁当「isoism御前(700円)」です。

持ち歩いていたので「ゴボウ」が漬物に重なってしまっていますが、「漬け野菜 isoism」さんで人気のおばんざいがたくさん入ったお弁当です。

で、これがまた「激ウマ」だったんです。

季節の炊き込みご飯に肉・魚(海鮮)・野菜と盛りだくさんの弁当です

季節の炊き込みご飯に肉・魚(海鮮)・野菜と盛りだくさんの弁当です

値段は700円ですが、それ以上の価値がある内容。

さすが、超人気店で予約も取れないお店の料理です。

isoismさんで人気の「漬け野菜(3種)」は「ゴボウ、千枚漬け、菜の花の和え物」が入っています。

他にも「手づくり惣菜(3種)」も入っていて、こちらは「魚、海鮮、卵」の惣菜で、むちゃくちゃ美味しい。

さらにメインの「チキン南蛮」も甘くてご飯が進みまくりでした。

・人気の漬け野菜 3種
・手づくり惣菜 3種(海鮮、魚、野菜)
・チキン南蛮
・季節の炊き込みご飯
こんな豪華な弁当がたったの700円とは驚きです

こんな豪華な弁当がたったの700円とは驚きです

ここまで手がこんでいるお弁当ですが、値段はたったの700円。

家の近くにあったら毎日これ食べて生きていきたいくらいの美味しさでした。

なお、これはいつも「振り売り」しているのかは分かりませんが、ランチ時間帯にJR京都駅前のヨドバシカメラと京都タワーの間の通りで見かけました。

たぶんルートは、isoismさんの店舗から七条通を西へ、西洞院通を南に下がってから東に曲がってヨドバシカメラ前まで来たようでした。

お弁当はテークアウト(予約)でも購入できるそうなので、食べてみたい方は公式Instagramをご確認くださいね。

このお店の口コミは?


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。