マクドナルド 新京極通り店 @京都「関西2店舗目のマクドナルド復活か」2018年6月28日新店オープン

2018年6月28日に「マクドナルド 新京極通り店」が新店オープンするそうです。6月1日に京都・新京極通りを歩いていたところ見つけたのですが、かつてゲーセンだった場所に新しくマクドナルドが出来ていました。新京極の蛸薬師近くで、このテナントのお向かいにはかつて関西2号店のマクドナルドがありました。

一度は閉店したマクドナルドが数十年ぶりに復活!(キャー)というほどでもないのですが、なんとなく面白いものだなぁと思う新店です。

広告

マクドナルド 新京極通り店 2018年6月28日新店オープン


マクドナルド 新京極通り店 が工事中でした

マクドナルド 新京極通り店 が工事中でした

2018年6月1日に、京都の「新京極通り」を歩いていると「マクドナルド 新京極通り店」が2018年6月28日に新店オープンすると告知されていました。

場所は「新京極蛸薬師」のすぐ北で、スギドラッグ新京極店のお向かいくらいです。

近隣にはすでに「マクドナルド四条河原町店」があるのですが、この新京極通りにマクドナルドがなかったのが不自然なくらいです。

新京極通りというのは、特に若者向けのお店が多い通りだからです。

新京極通りは関西二号店のマクドナルドがあった場所


実はかつて斜め前の「72ビル」に関西二号店があった実はかつて斜め前の「72ビル」に関西二号店があった

実はかつて斜め前の「72ビル」に関西二号店があった

実は、もともとこの新京極通りにはマクドナルドがあったのです。

関西で初めてマクドナルドが出店したのは「京都」で、1972年7月1日に現在の藤井大丸1階「ビームス」の北側区画に関西1号店「マクドナルド藤井大丸百貨店前」が開店しています。

この店舗は開店二ヶ月目に当時のマクドナルト売上世界記録を更新したというお店です(出典)。

次に出来た関西2号店が、1972年7月16日に開業した新京極通り「セブンツービル」の一階にあったマクドナルドです。

この「セブンツービル」は今でもあるのですが、ここにはかつて「映画館(弥生座)」があってその時代にマクドナルドが一階にあったのです。

その後、2006年2月25日に「新京極シネラリーベ」という映画館に新装されたのですが、その時点ではマクドナルドはなく、その後ビルの二階にマクドナルドがあったそうです。

2018年6月1日に開店する「マクドナルド 新京極通り店」の北東斜め前に、今でも「セブンツービル」が実在しています(地図)。

つまり、かつて関西2号店があった場所の斜め前に「マクドナルド 新京極通り店」が復活するという話なのです。

マクドナルド 新京極通り店 への行き方(アクセス方法)


マクドナルド 新京極通り店  新しいテナントビルです

マクドナルド 新京極通り店 新しいテナントビルです

さて、この「マクドナルド 新京極通り店」の場所ですが、新京極通りを北へ「蛸薬師堂 永福寺」の少し北側お向かいにテナントがあります。

もともと何のお店だったかいまいち記憶にはないのですが、最近まで「ひいろ小町」というクレーンゲームなどを設置したゲームセンターだったそうです。

その場所は、前述のように「マクドナルト関西二号店」あった場所の目の前で、そこにマクドナルドが数十年ぶりに復活ということになります。

京都府京都市中京区中筋町491−1
営業時間:
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。