バニーマタル特製 黄金カレー @京都・金閣寺「本物のサフランライスで食べるカレー」実食レビュー

今回の「京都ランチ」は金閣寺で見つけた絶品カレーライスの紹介です。本物のサフランライスを使い、カレーのブイヨンスープは鶏ガラや牛をふんだんに煮込んでコクのある味わいになっています。辛さは控えめで香味野菜やフルーツの酸味もあり、カレー専門店のカレーを凌駕する美味しさです。そのカレーがあるのが金閣寺前のカフェ「バニーマタル」さんです。

では、この「バニーマタル特製 黄金カレー」いったいどんなカレーなのでしょうか。

広告

金閣寺近く!本物のサフランライスで食べるカレーランチ


こだわりにこだわったカレールーと本物のサフランライスのカレー

こだわりにこだわったカレールーと本物のサフランライスのカレー

今回の「京都ランチ」は、美味しいカレーが食べたい方に朗報です。

金閣寺近くで新しくオープンしたカフェ「バニーマタル」さんでは、これまでも「バニーマタル特製カレー」を販売していたのですが、それを大幅にパワーアップさせた新作カレーライスが発売開始されています。

・奥深いコク
・フルーツをたくさん使い程よい酸味
・本物のサフランで作ったサフランライス

実際に食べてみたのですが、とっても「奥深い味わい」がするカレーに仕上がっており、某有名コンビニの「金のカレー」を完全凌駕する出来になっています。

いや、あの「中※屋」を超えたかもしれません。

そんなカレーが金閣寺で食べられるということで実食レビューしたいと思います。

※「黄金カレー」は正式名称ではなく、本ブログで暫定的に呼んでいるカレーの印象名です。

バニーマタル特製 黄金カレー 実食レビュー


バニーマタル特製 黄金カレー これぞカレーという味わいです

バニーマタル特製 黄金カレー これぞカレーという味わいです

この「バニーマタル特製 黄金カレー」、ブイヨンスープには「鶏ガラもみじ香味野菜オーブンで焼いた牛骨」を使って味に深みを出したカレーです。

ブイヨンスープは、大きな寸胴に材料を入れて、1日中コトコトと煮込みます。

そうすることで「ほどよい酸味、鶏肉と牛の旨味」が凝縮されたスープになり、絶品のカレーになるのです。

バニーマタルのカレーは寸胴でコトコトじっくり煮込まれます

バニーマタルのカレーは寸胴でコトコトじっくり煮込まれます

材料には鶏ガラ、もみじ、香味野菜、オーブンで焼いた牛骨を贅沢に使用

材料には鶏ガラ、もみじ、香味野菜、オーブンで焼いた牛骨を贅沢に使用

コク深いカレーに本物のサフランライスでいただきます

コク深いカレーに本物のサフランライスでいただきます

ライスは「本物のサフランライス」です。

たまに、カフェとかで黄色いライスが出てきても「なんちゃってサフランライス」なんてことがありますが、バニーマタルさんは食材にこだわるカフェなので「本物のサフラン」を使っています。

このサフランライスが、コクのあるカレーにベストマッチしていました。

辛さは控えめにして、ベースのスープの味をよく味わえるカレーになっていますので、ぜひ一度食べてみてください。

カフェ バニーマタル(Cafe Banimatar)について


バニーマタル、2017年12月26日オープン時の外観写真

バニーマタル、2017年12月26日オープン時の外観写真

カフェ バニーマタル さんへの行き方です。

場所は金閣寺の南にある交差点の所で「きぬかけの路」にあります。

西大路通から「氷室道」を西へ、最初の信号を左折すると歯医者の看板がある所に駐車場がありますので、そこにバニーマタルさんの駐車スペースがあります(2台分)。

お店の詳細については「バニーマタル @京都・金閣寺「自家焙煎コーヒのカフェ」新店オープン」に詳しいので、そちらもあわせてご覧ください。

京都府京都市北区衣笠総門町
営業時間:7:30~11時(モーニング)、11時~17:30
定休日:日曜日
URL:http://banimatar.coffee/
Blog:http://blog.banimatar.coffee/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。