ダイニングカフェ仁 @京都・円町「日替わりランチとケーキ」2018年2月新店オープン

円町駅の少し北に「ダイニングカフェ仁」さんというカフェが新店オープンしています。オープン日は2018年2月だったのですが、3月から5月は新店が多すぎて紹介はまだでした。11時~14時までのランチタイムは「日替わりランチ」があって850円でドリンクとサラダのセットを食べることができます。場所は妙心寺道入ってすぐのところで、西大路通の円町付近にお勤めならランチで立ち寄れる立地です。

この「ダイニングカフェ仁」さんですが、カフェなのでケーキの盛り合わせなどもメニューに書かれていました。

広告

新しいレストラン「ダイニングカフェ仁」が京都・円町で開店


京都・円町に新しいレストラン「ダイニングカフェ仁」というお店が開店

京都・円町に新しいレストラン「ダイニングカフェ仁」というお店が開店

2018年2月とかなり前なのですが、京都・円町から西大路通を北へ、2本目の信号を左折した「妙心寺道」に新しいレストランが新店オープンしています。

お店の名前は「ダイニングカフェ仁」さんというのですが、カフェとランチをやられているそうです。

よく通る道で、2月に開店は確認していたのですが、春は交通安全のあれがあるので、しばらくこの道は通っておらず紹介するのを忘れていました(笑)

スイーツの盛り合わせ、ピザ、他に日替わりランチの店

スイーツの盛り合わせ、ピザ、他に日替わりランチの店

店頭に「盛り合わせスイーツ」やケーキの写真が飾ってあって、ピザなどもあるようです。

11時~14時まではランチタイムになっていて、日替わりランチなどが850円からあると書かれていました。

ランチのご飯は亀岡産「キヌヒカリ」を100%使用ということで、ランチはコーヒーまたは紅茶のセットになっていました。

ダイニングカフェ仁 日替わりランチの値段


日替わりランチは850円

日替わりランチは850円

この「ダイニングカフェ仁」さんですが、日替わりランチがあって当日は「冷しゃぶ」のランチを出していました。

他に「パスタランチ(980円)」もあって、種類は「ナポリタン、キノコ、カルボナーラ、ツナキャベツ、ナスミート、ペペロンチーノ」から選べるようになっています。

ミックスフライ」のランチは880円で「エビフライ、ヒレカツ、さかな」などのフライの盛り合わせになっています。

店頭にバイクが駐輪できそうなので、通るたびにチェックしているのですが、なかなかスペースが空いていることがないので、寄れる時があればぜひ一度食べてみたい感じがします(円町ガード下に有料駐輪場はありますが)。

ダイニングカフェ仁 への行き方(アクセス方法)


西大路通から妙心寺道を西へ入ってスグの「ダイニングカフェ仁」

西大路通から妙心寺道を西へ入ってスグの「ダイニングカフェ仁」

さて「ダイニングカフェ仁」さんへの行き方(アクセス方法)です。

西大路通から妙心寺道を西へ入ってスグなのですが、円町駅の交差点から北へ2本目の信号を左折した所にお店があります。

細い道で駐車場や駐輪場もないので、近隣にお勤めの方などが立ち寄れるくらいかもしれませんが、夜は19時頃までカフェ営業されています。

バイクや自転車は、JR「円町駅」のガード下(西大路通沿い)に有料パーキングがあるので、それを使えば立ち寄るのはさほど難しくはありません。

京都府京都市中京区西ノ京中保町51
営業時間:11時~19時(ランチは14時まで)
定休日:月曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。