晦庵 河道屋 山かけそば @京都「世界的な映画界の偉人 黒澤明監督も食べた蕎麦」実食レビュー

今回の「京都ランチ案内」は、京都では江戸時代から続く老舗「晦庵 河道屋(かわみちや)」さんの「山かけそば(1100円)」を実食レビューします。こちらのお店、実は世界的なセレブ(俳優など)が食べに来ることで知られ、デビット・ボウイさん、トム・クルーズさん、デニス・ホッパーさんに黒澤明監督が食べに来たことで知られています。2018年4月26日放送『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』でも「身長180cmもあり、威厳はあるが気さくな映画界の偉人が食べていたメニュー」として「山かけ、鴨なんば」が紹介されることになっています。

では「晦庵 河道屋」さんの「山かけそば」とはどのようなものなのでしょうか。

広告

世界的な偉人 黒澤明監督も食べた京都の店「晦庵 河道屋(かわみちや)」


黒澤明監督も食べた「山かけそば」

黒澤明監督も食べた「山かけそば」

今回の「京都ランチ」は、世界的な有名人で俳優・ミュージシャンとして活躍した偉人「デビット・ボウイ」さんや映画界の偉人「黒澤明監督」が、よく食べていたという京都グルメの紹介です。

その黒澤明監督がよく食べたというのが、京都にある老舗そば・うどん店「晦庵 河道屋(かわみちや)」さんの「鴨なんば」と「山かけ」です。

江戸時代から続く老舗蕎麦屋で、近くには高級旅館もあることから、海外のセレブが食べに来ることで知られる京都の名店です。

黒澤明監督
デビット・ボウイ
トム・クルーズ
デニス・ホッパー

2016年4月26日放送『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』でも「京都市の蕎麦屋さん 身長180cmもあり、威厳はあるが気さくな映画界の偉人が食べていたメニューとは?」という企画で紹介されることになっています。

黒澤明監督も食べた「鴨なんば」

黒澤明監督も食べた「鴨なんば」

黒澤明監督は京都へ映画の撮影で何度もいらっしゃってますし、デビット・ボウイさんは1980年代に京都で多数目撃されており、一時期は京都に住んでいたのではないかという噂もある世界的なスターです。

ミュージシャン・俳優として活躍され、晩年には「京都に住みたい」とおっしゃっていたくらいですが、そのデビット・ボウイさんも食べた蕎麦を食べてきましたので実食レビューします。

・鴨なんば 1000円
・山かけ 1100円

晦庵 河道屋 山かけそば 実食レビュー


デビット・ボウイも食べた「山かけそば」1100円

デビット・ボウイも食べた「山かけそば」1100円

こちらが黒澤明監督も食べた「山かけそば」です。

値段は1100円と、なかなかのお値段ですが、とろろがたっぷりとかかった蕎麦です。

「山かけ」は温かいのと冷たいのがあるのですが、今回はツユは温かいものをチョイスしました。

昆布とカツオの濃い甘い出汁をかけて食べます

昆布とカツオの濃い甘い出汁をかけて食べます

京都といえばウドンですが、こちらの「晦庵 河道屋」さんは蕎麦の名店と京都では珍しいお店です。

しかし、創業は江戸時代という老舗で、京都では誰でも知っている「蕎麦ほうる」というお菓子でも知られています。

味付けは京都では比較的濃い口だと思います。

カツオと昆布の出汁は素材の味がよく出ており濃厚、醤油も濃い口で甘みのあるツユが一緒に出て来ました。

白いトロロには、抹茶パウダーがかかっていたり、卓上には山椒もあって、それをかけて食べると香りよく食べることができました。

晦庵 河道屋 への行き方(アクセス方法)


黒澤明監督も食べに来た「晦庵 河道屋 本店」

黒澤明監督も食べに来た「晦庵 河道屋 本店」

さて、今回紹介した「晦庵 河道屋 本店」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩5分くらいの場所にあります。

御池通から「麩屋町通」を南に下って、一筋目を越えてすぐ右手にお店が見えます。

このあたりには、デビット・ボウイさんが新婚旅行で宿泊した「俵屋旅館」もあって、老舗旅館が並んでいるので、なんとなく高級感のある通りです。

自家用車・バイクの場合は御池通の「京都市御池地下駐車場」を使うと便利ですが、他に大丸京都にも支店がありますので、そちでも同じものを食べることができますよ。

京都府京都市中京区下白山町
営業時間:11時~20時(大丸京都店も同じ)
定休日:木曜日(大丸京都店は無休)
URL:http://www.kawamichiya.co.jp/

メッセンジャーの○○は大丈夫なのか? 2018年4月26日 予告


メッセンジャーの○○は大丈夫なのか? 2018年4月26日 予告は以下の通りです。

▼偉人が愛したグルメ…知らずに食べているあなたは大丈夫なのか?
(1)京都市にある中華料理店…かに玉の甘酢とチャーハンを必ず頼んでいた昭和を代表する映画スターとは?
(2)京都市の蕎麦屋さん…身長180cmもあり、威厳はあるが気さくな映画界の偉人が食べていたメニューとは?
(3)姫路市お菓子屋さん…このお店の銘菓に心打たれたハリウッドスター!
まずは偉人と呼ばれるに相応しい有名人が愛した関西にあるグルメとはどんな逸品なのかを調査する。そしてそのグルメを愛した偉人とは誰なのかをクイズ形式で出題。1軒目は京都市にある盛京亭というシンプルメニューの中華料理店。かに玉の甘酢とチャーハンを必ず頼んでいた昭和を代表する映画スターとは? 2軒目は京都市にある晦庵 河道屋という蕎麦屋さん。身長180cmもあり、威厳はあるが気さくな映画界の偉人が食べていたメニューとは? 3軒目は姫路市にある杵屋というお菓子屋さん。杵屋の「書写 千年杉」に心打たれたのは撮影のために来日したハリウッドスター! スタジオでは、中山秀征が行きつけの焼肉店について語る。


今回の「京都ランチブログ」は、祇園四条の「盛京亭(せいきんてい)」さんで、昭和を代表する映画スターも食べた焼飯(炒飯)を食べてきたので実食レビューします。祇園の舞妓(まいこ)や芸妓(げいこ、げいぎ)さん、そして京都四條南座の歌舞伎役者さん、狂言役者などが食べに来る中華料理店で、俳優の辰巳柳太郎さんとか緒形拳さんも食べき来たことがあるお店です。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。