焼き飯にチャーハンが付く京都のチャーミングチャーハン

Sponsored Link

京都で見かける「チャーミングチャーハン」というお店ですが、チャーハンと餃子を扱うチャーハン専門店だったりします。味はまぁあれですが、チャーハンに焼きめしが付く「チャーハンダブル」というのがあります。京都のチャーミングチャーハンとはどんなお店なのでしょうか?

昔、東京でもチャーハン大盛り頼んだら2つ出てきたお店があったりしましたが、そういうノリです。

焼き飯にチャーハンが付く京都のチャーミングチャーハン

フード担当です。

最近、京都にある「チャーミングチャーハン」を話題にされている方を連続で見かけます。

チャーハンメインの中華料理のお店で、5年くらい前に丸太町通りに出来て、2012年には北野天満宮の近く(今出川通り)に出来ているのを見かけました。

お値段はお手軽で、チャーハンが450円。醤油ラーメンも450円でチャーハンとセットだと650円です。定食も700円程度と「餃子の王将」を意識した価格帯になっています。

ただ、「チャーミングチャーハン」というくらいなので、チャーミング程度の量しかありません。少な目です。

チャーハンダブル

丸太町通りのお店は出来てすぐくらいに行きましたが、なんというか味のないチャーハンというか、まこと美味しくなく、それ以来行っていません。

ですが、最近また「焼飯チャーハン付」というので話題になっています。

なお、オープンした時は600円でしたが、すぐに650円に値上げして、今もこの値段のようです。

要するにチャーハンダブルです。

ロケットニュースさんでも2012年に一度話題になっていますが、テレビでも取り上げられたようですね(水野真紀の魔法のレストラン)。

東京の牛込柳町にも昔あった


10年以上前ですが、東京の牛込柳町に老舗の中華料理屋さんがあって(今はありません)、そこで「チャーハン大盛り」を注文したら、大盛りチャーハンが2つ出てきたことがあります。

この界隈では「狂った量の中華料理屋」として有名なお店でした。

その店では並盛りでも普通の店の2倍近くの量があって、それがさらに2皿です。お値段も200円増しくらいだったので、別にチャーミングチャーハンが珍しいとは思いませんでした。


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。